海外発!見方が変わる仕事との向き合い方(第24回)

ちょっとした習慣で仕事の効果を向上する9つの方法

2014.10.04 Sat連載バックナンバー

 ビジネスパーソンの一日は目まぐるしく過ぎていきます。事業を成功させたり、仕事で成果を上げたりすることも大事ですが、自分自身の健康状態にも気を遣ってください。 健康があってこその仕事であり、健康でなければ、思うような結果も出せないでしょう。

 でも、何かを大々的に始めなければいけないということではありません。毎日の習慣を少し変えるだけで十分なのです。米国の機能性医療の専門家であるトム・スルト博士は、日々の健康管理の仕方次第で仕事の成果にも影響がでるといいます。それでは博士が紹介するいくつかの健康管理のコツを見ていきましょう。

 元記事:「Increase Your Business Performance By Treating Your Body Better」/Forbes

 

1.精製された白い小麦粉よりも、米、野菜、プロテインを摂取する

 食物アレルギーの有無に関わらず、食生活からグルテンを除くようにすると、GI値(血糖値の上昇度を示す数値。グリセミック・インデックスの略)が低くなっていきます。スルト博士は「グルテンを摂取すると炎症を起こしやすくなるという報告もがあります。グルテンを除去するということは精製された小麦粉を米や野菜、プロテインに変えるということで、それだけでも食物の選択肢としては体に良いのです」と言います。

 

2.自分の味覚を再教育する

 初めて赤ワインを飲んだ時、あまりにもひどい味に思いませんでしたか?その後、味わって飲めるようになるまで、味覚を教育していく必要がありました。砂糖や甘い食べ物についても同じことが言えます。何か甘いものが欲しくなった時に思い浮かべるのを、チョコレートではなく、リンゴとなるよう再教育します。

 

3.刺激物を避ける

 コーヒーなしではやっていけませんか? 昼間に栄養ドリンクを手にしていませんか? カフェイン摂取を完全にやめる必要はありませんが、可能な範囲で代替できるものを探しましょう。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

「クラウドコンピューティング」その仕組みを知る
Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter