海外発!見方が変わる仕事との向き合い方(第19回)

子どもを幸せに育てるための10のステップ

2014.09.07 Sun連載バックナンバー

 子どもを持つ親であれば誰でも、子どもには幸せになってほしいと願うものです。しかし仕事で忙しい日々を送っていると、ついつい子どもや家族のことが疎かになってしまうこともあるのではないでしょうか。また仕事で成果を上げるための方法は時間をかけて考えるのに、子どもを幸せにする方法をじっくり考える時間はない、といったことはありませんか。

 今回は仕事の話から少し離れて、家族に目を向けてみたいと思います。あなたの行動次第で子どもの感じる幸福度が変わり、さらには子どもの将来を変えることにもなるのです。幸福度の高い子どもに育てるにはどのようにしたらいいのでしょうか?

元記事「10 Tips For Raising Happy Kids」/Business Insider

 

ステップ1:自分自身も幸せになる

 幸せな子どもを育てる為には、自分自身が幸せになることです。それは自分が感じる幸福感の度合いが、子どもの幸福感やその後の成功度に大いに関与するためです。さまざまな研究の結果によると、親が鬱状態にあると子どもの言動に悪影響を及ぼすことが指摘されています。

 では、あなた自身がもっとハッピーになるための最初のステップは何でしょうか? それは毎週、友人たちと楽しく過ごす時間をとってみてください。笑いは伝染するものと言いますが、よく笑う友人や家族と一緒に過ごしてください。彼らの笑いがあなたの笑いを誘います。人は、他人の笑い声を聞くだけで脳のミラーニューロンが反応し、まるで自分自身も笑っているように感じると主張する神経科学者もいるのです。

 

ステップ2:人間関係を築くことを教える

 誰もが人間関係は重要性であると考えています。しかし、子どもにその人間関係の築き方を教える親は果たしてどれくらいいるのでしょうか?

 さほど難しいことではありません。子どもに対し、他の人に優しくすることを学ばせ、周囲への共感を促していくことから始めればいいのです。このような基本的なスキルを身につけた子どもは、より良い人間になるだけでなく、長い目でみると、大人になっても相対的に幸せであるこという研究報告があります。

 

ステップ3:完璧を求めず、努力を期待する

 完璧主義の親や教育ママさんは、頭を冷やしましょう。親があれこれと言い過ぎると、子どもはダメになります。親が子どもの成果を過度に重要視すると、子どもは鬱病、不安症、薬物乱用といった問題を抱えやすくなるのです。こうした研究では、生まれ持った能力ではなく「努力を褒めるべき」と一貫して主張しています。

 頭が良いと褒められる子どもの大多数が、難しいパズルではなく簡単なものを欲しがります。理由は、ミスを犯すリスクを避け、「頭が良い」子としての立場を失いたくないからです。その一方で、より成長していきたいとう意向の子どもたちは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

「クラウドコンピューティング」その仕組みを知る
Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter