全国名湯を巡る旅(第2回)

上信名湯一筆書き

2014.05.03 Sat連載バックナンバー

首都圏から近い本格温泉

 「首都圏から気軽に行ける本格的な温泉は?」。この質問に対する答えで多そうなのは伊豆・箱根あたりだが、この一帯は雰囲気や料理はともかく、こと「湯」となると温泉好きの間での評価はあまり高くないのが実情だ。

 無論、この地域でもいい湯を提供している施設はあるが、長い期間にわたって大量の客が訪れ、宿泊施設や日帰り温泉も増殖していった結果、多くの場合は限りある天然の資源である温泉の需要に供給が追いつかず、最悪の場合は「薄めて(加水)」、「使いまわして(循環)」、「殺菌して(塩素消毒)」、「沸かしなおす(加温)」という、湯使いとしては絶望的なものを「天然温泉(表現としては間違っていない)」として提供している例が多数を占めるようになってしまった。浴室の雰囲気などを別にすれば、湯そのものは水道水を使う家庭の風呂とどこが違うの?と感じてしまうことが多い。

 その点、自信をもって薦められるのが、群馬県の草津温泉から万座温泉を経て長野県に入り、志賀高原から長野市・飯山方面へと抜けるルートだ。昔から東日本を代表する温泉地として知られ、大規模な温泉街を持つ草津が、かつては同じような位置付けでとらえられていた熱海や鬼怒川の「凋落」が続いたのをよそに、現在でも老若男女を集め続けていることは、温泉リゾートの本質である「温泉力」の重要さを思い知らされる。

 

草津へ行ったら共同浴場へ!

 その草津では、どの旅館や日帰り施設でもグレードの高い温泉を楽しめるが、機会があればぜひ体験してもらいたいのは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

産経デジタル

産経デジタル

産経新聞グループ各媒体のウェブサイト運営、ポータルサイト・モバイル端末などへのニュースコンテンツなどの配信を手がけています。ウェブでも国内最大級のニュースサイト「MSN産経ニュース」などを運営する産経新聞グループの記者が「Bizコンパス」のために書き下ろした、ここでしか読めない記事です。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter