海外で活躍する日本人サッカー選手(第2回)

本田圭佑が突き進む正義

2014.04.15 Tue連載バックナンバー

ACミランの10番という重み

 背番号10番が苦闘している。イタリアでも屈指の名門チーム、ACミランにロシアのCSKAモスクワから鳴り物入りで移籍した本田圭佑(27)だったが、セリエAデビューから3カ月が経過しても、「得点が奪えない」「得点につながるような決定的な仕事ができていない」と厳しい声が上がっている。

 他の番号ならいざしらず、確実に結果を求められる10番を、自ら希望してもらったという本田。小学生の時の作文に「セリエAのチームで10番をつけて活躍する」と書いて生涯の目標に掲げていたほどで、移籍後の会見で「夢がかなった」と話した。もっとも、そこを到達点としてしまう男でない。ワールドカップでの優勝、あるいはレアル・マドリードのようなミランに並ぶビッグクラブへの移籍。この先にいくつもの夢を持っている本田にとって、ミランの10番はひとつの通過点に過ぎない。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

産経デジタル

産経デジタル

産経新聞グループ各媒体のウェブサイト運営、ポータルサイト・モバイル端末などへのニュースコンテンツなどの配信を手がけています。ウェブでも国内最大級のニュースサイト「MSN産経ニュース」などを運営する産経新聞グループの記者が「Bizコンパス」のために書き下ろした、ここでしか読めない記事です。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter