経営者が知っておきたいビジネスの話(第3回)

思いも寄らない仲間を集めれば必ず目標を達成できる

2015.11.24 Tue連載バックナンバー

 一個人であれ、一企業であれ、到底達成することが難しい途方もない目標を達成しなければならないという“逆境”に置かれることは、そう珍しいことではないでしょう。

 そんな時、人ひとりでは言うまでもありませんが、会社一社でさえも高い目標に対して、達成することなど到底不可能だと諦めてしまうこともあるかもしれません。

 ただ、自分ひとり、もしくは自社単独でその高い目標を成し遂げるのにこだわるのではなく、思いも寄らない強力な“援軍”の協力を得れば、自分や自社の弱みを補ってもらい、本来は到達することさえ難しいと思われる目標を達成することも可能になります。

 今回は“力のある他者”の協力を得て、到底達成することが難しいと思われる目標を次々に達成してきた実際の事例を紹介しながら、逆境を乗り越えていく秘訣をお伝えしていきましょう。

 

ソフトバンクの偉業は“思いも寄らない仲間”を集めることで成し遂げられた!

 今や飛ぶ鳥を落とす勢いのソフトバンクグループを率いる孫正義氏は、この“思いも寄らない仲間を集める”という方法で、独力では達成することさえ難しい数々の高い目標を現実のものにしてきました。

 たとえば、ソフトバンクは2014年3月期の決算で、売上高が6兆6,666億円、営業利益が1兆853億円となり、通信業界ではNTTドコモを抜き去って、日本一の企業となったのです。

 また、日本で営業利益が1兆円を超えた企業としては、NTT、トヨタに次ぐ3番目の企業となりましたが、1兆円越えまでにかかった期間を比べると、NTTは118年、トヨタは65年、対してソフトバンクは33年と驚異的な短期間で偉業を達成しています。

 この孫氏のビジネススタイルは、常に途方もなく高い目標を掲げ、通常のビジネスパーソンであれば思いも寄らない仲間を味方に引き入れて、有言実行で自分が掲げた高い目標を達成していくところにあるといえるでしょう。

 

孫正義氏のビジネス成功の原点とは?

 孫氏のビジネス成功の原点は今から36年前、彼が20歳のUC Berkeley留学中にまで遡ります。

 当時学生だった孫青年は10代で次のような“人生50か年計画”を立てます。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

安部 徹也

安部 徹也

株式会社 MBA Solution 代表取締役

株式会社 MBA Solution 代表取締役。2001年MBAを取得後、経営コンサルティングの事業で起業。近著に『最強の「イノベーション理論」集中講義』 (日本実業出版社)や『ぐるっとマーケティング』(すばる舎リンケージ)などがある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter