ビジネスに役立つ全国お国柄辞典(第19回)

ガッチリ貯蓄、たまに遊ぶ!メリハリ利いた「徳島県」

2016.01.02 Sat連載バックナンバー

 狭いようで意外に広い日本。土地に根付いた県民性には興味深い違いがたくさん見つかります。お付き合いする中でNGとなることや、知っていると喜ばれることなども多々ありますから、各地域に対する理解がビジネスの成否を決めることも!

 本連載では「ビジネスに役立つ全国お国柄辞典」と題し、各都道府県における「知られざるルール」を紹介します。第19回は「徳島県」を取り上げます。

 

高価なものはないけど、どれも地元密着!

 四国の東寄りにある徳島県の県庁所在地は徳島市。人口は約76万人(2015年2月1日時点)です。鳴門の渦潮、祖谷渓(いやけい)や大歩危・小歩危といった渓谷、吉野川など、観光資源が豊かな県です。

 徳島県の名物でまず一番にあげられるのが「すだち」。全国シェアはほぼ100%ですから、まさに名物の王様です。焼き魚などに絞り汁をかけるほか、すだちサイダーやすだち焼酎など、さまざまな加工食品も大人気です。爽やかな香りには気分を鎮めリラックスさせる効果もあるのだとか。

 鳴門の海があるため、鳴門ワカメなど海産物が豊富な同県ですが、地元民が特に好むのが「ぼうぜ」と呼ばれる魚。一般にはイボダイと呼ばれる淡泊な魚で、徳島ではこれを背開きにして1匹丸々酢飯にのせ、すがた鮨にしたものをハレの日に食べる風習があります。

 徳島県はまた、畜産業が盛んな県としても知られています。阿波牛、阿波ポーク、阿波尾鶏という三大畜産ブランドがあり、どれも県内だけでなく関西地方にも出荷されています。

 麺類を見ると、お隣の香川県は讃岐うどん一本槍ですが、徳島はたらいうどん、祖谷そば徳島ラーメンと多彩なラインナップを誇ります。

 さらに、独特の名物として知られているのが… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

仕事熱心で真面目、でもノリ悪い?鹿児島県の謎
谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter