海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第62回)

ジャック・ウェルチが語る“偉大な会社”の条件とは

2016.05.13 Fri連載バックナンバー

 米GE(ゼネラル・エレクトリック社)の最高経営責任者で、ビジネス誌にて「20世紀最高の経営者」に選ばれた人物といえば、ジャック・ウェルチ氏です。ウェルチ氏によると、グローバルの競争を勝ち抜き、世界中から賞賛される企業には、ある共通項があるといいます。

 今回は、彼がアメリカのビジネス誌に寄稿した、偉大な企業に見られる「6つの共通項」について、彼自身の語りから見ていきましょう。

元記事:Jack Welch shares 6 things that distinguish great companies from average ones

 

ジャック・ウェルチが語る、人々が働きたいと思う会社とは

 人々が本当に働きたいと思う会社には、競争に勝ち抜く最もパワフルな力があります。それは、最高の人材を採用し、それを最高のチームに編成する力です。

 このような強みを作り上げるには、普通は何年もかかります。会社の評判に関することですから、10年、あるいはもっとかかることもあります。

 会社の評判は、さまざまな事柄から生まれます。キャリア、年次報告書、危機や復活などです(どんな会社にも危機の一回や二回はあります)。

 評判が確立するのに通常は時間がかかりますが、今日のようなメディアにさらされた世界では、そうとも限りません。強力かつスピーディな口コミのおかげで、一晩で、就職で人気を集める企業になることもあります。

 たとえば技術関連企業では、ワクワクするような技術革新や、パラダイムを変えてしまうような製品やサービスに口コミが生まれます。グーグルやアマゾン、ツイッターといった企業がその好例です。また、シャネルやフェラーリなど、有名かつ“ゴージャス”なブランドも、口コミが生まれやすい傾向にあります。

 しかし、こうした魅力的な企業には、いくつかの共通要素があります。その見分け方をお教えしましょう。

 

1. 偉大な企業は、人材育成を積極的に行う… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

プレゼンは○時、創造力が必要な仕事は○時が良い
Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter