海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第51回)

「許せない人」でも許した方が自分のためになる

2016.02.04 Thu連載バックナンバー

 ストレスから解放されたい、頭もクリアにしたい。そんなことを考えている方に、ヨガや瞑想と同じくらい健康に良い、簡単で効果のある方法を紹介します。

 それは、「許す」ことです。

元記事「The Secret To Relieving Stress And Clearing Your Mind Is Surprisingly Simple/BUSINESS INSIDER」

 

「許す」ことの効果とは

 数十年にわたる調査によると、間違ったことをした人を許すことを日常的に行っている人は、全般的に心臓の健康度が高く、心理的なストレスが少なく、身体的能力が高く、そして長寿であるということがわかってきました。最近の研究では、他人を許した時のことを思い出すように言われた人は、許さなかった時のことを思い出すよう言われた人に比べ、自身の身体的な問題をより軽く感じたそうです。

 1980年代にこの考えが最初に研究されて以降、アメリカ心理学会やメイヨー・クリニックなどの医療機関が、「許し」という概念を正式な健康改善ツールとして取り入れています。

 では、どうしてそうなるのでしょうか。

 

感情面で「次に進む」のを助けてくれる

 他人に対して怒っている時、それを身体的な痛みのように感じることがよくあります。これは、私たちの「感情」が、単に頭の中だけで発生するのではなく、肉体的なレベルで姿を見せることがよくあるからです。私たちの身体は、瞬間的なストレスや恐怖を「逃走・逃避反応」によって身体で取り扱うようにできています。具体的にいえば、怒ると血圧が上がり、心拍数も増えるのです。

 もし私たちがこのプロセスを長期間にわたって引きずると、その感情を無視するかじっくり考えるかにかかわらず、いろいろな問題が起き始めます。どんな風に会話を終わらせるべきだったか、またどうすることができたのか、といった考えが心を満たしてしまい、集中力を失っていきます。肩や胸は、本当に重く感じられるようになります。こうして私たちは、疲れやすくなるのです。

 ここで「許し」の登場です。「許し」は、こうした感情から… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

プレゼンは○時、創造力が必要な仕事は○時が良い
Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter