オリジナリティあふれる旅行を楽しもう!(第4回)

敵は悪の組織ではなく過疎化?ローカルヒーローに注目

2015.06.07 Sun連載バックナンバー

 各地域の自治体や企業などは、長年の間、地方を盛り上げようとさまざまなアイデアを練ってきました。そして近年になり、ゆるキャラやローカルアイドルといったマスコットキャラが誕生し、大きな成果を上げています。

 こうしたトレンドのなかで、ローカルヒーローなるものも登場し、地方を盛り上げています。実際にどのくらいの経済効果があるのかはあまり見えてこないところですが、全国的に知られるようになったヒーローがいることも確か。今回は、そんなローカルヒーローの活躍を紹介するとともに、地方とキャラクターとの関係に迫ります。

 

ローカルヒーローが各地域で大活躍!

 はじめにご紹介するのは「時空戦士イバライガー」。人が持つ悪い心から生まれた悪の軍団ジャークから茨城県を守るため、未来から現代へとやってきた正義の人造人間です。人が持つ勇気や優しさなど、善意の感情がエネルギーとのこと。

 公式サイトによると、「茨城県のご当地ヒーローとして紹介されることが多いですが、正確にはヒーロー好きの仲間たちによる自主活動であり、県、市町村等の公式キャラクターではありません」とあり、主催・運営している団体もないのだとか。しかしながら、茨城県警・防犯ポスターや節電&節水キャンペーンのポスターに登場したり、県内外のイベントに出演したりと多忙を極めています。

 また、神奈川県の横浜市を中心に活動している… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

角田 健次

角田 健次

フリーライター

旅行雑誌の編集部にて、パンフレット、ガイドブックなどの編集・執筆を行う。国内離島や海外ツアーへの同行や読者取材なども経験。フリーライター転向後は、新聞・web広告、広報誌、機関誌などの媒体で活動中。旅行・観光を中心にさまざまな企業への取材、映画をはじめとするエンターテインメント、時事コラムなど幅広いジャンルを手がけている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter