海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第40回)

日曜日の夜、連休最終日の夜に訪れる憂鬱を防ぐ習慣

2015.11.23 Mon連載バックナンバー

 仕事の忙しさから解放される休日を、どのように過ごしているでしょうか。休日の過ごし方は人それぞれですが、もし、成功した人たちの休日の過ごし方に共通点があるとしたらどうでしょう。あなたも同じ習慣を取り入れたら、成功するための秘訣が分かるかもしれません。

元記事:「11 Things Successful People Do On Sunday Night」/Business Insider

 

日曜の夜、連休最終日の夜に訪れる憂鬱

 日曜の夜や連休が明ける前日の夜、次の日から仕事が始まると思うと何となく暗い気持ちになることはありませんか?

 実際、2013年にグローバルに展開している求人ポータルサイト、モンスター・ドット・コムが実施した調査では、世界中で回答した成人のうちなんと78%が「Sunday Night Blues(日曜の夜の憂鬱)」を定期的に経験しています。これは日本で「サザエさん症候群」と呼ばれるものと言えるでしょう。

 日曜の夜は、慌ただしい平日から解放されてのんびりできる週末の悲しい最後。私たちの多くは、月曜の朝にオフィスに戻ることを考えただけで憂鬱になるでしょう。未処理の仕事を思い出し、今後訪れる締め切りやプロジェクトに関するストレスを感じ始めるタイミングなのです。

 ローラ・ヴァンダーカムという人物が記した著書「最も成功した人々が週末にやること」(What The Most Successful People Do On The Weekend)の中では、たとえあなたが仕事好きで、日頃は仕事に戻るのを楽しみにするタイプの人だとしても、「月曜の朝にあなたを待つストレスに対し、日曜はさすがに少し不安になるでしょう」と記されています。

 では、成功している人たちは日曜の夜をどう過ごしているのか。ご紹介しましょう。

 

1.週末を家族や友達など、大切な人たちと一緒に上質な時間を過ごす

 キャリア・コーチであり、「ウォール街のプロフェッショナルのサバイバル・ガイド」の著者でもあるロイ・コーエンによれば、成功者たちは、平日は忙しくてなかなか時間が取れないことが多いことをわかっている、と言います。そのため、彼らは日曜の夜を最大限に活用し、大切な人たちと一緒に過ごしているのです。

 

2.楽しいことを企画する… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

プレゼンは○時、創造力が必要な仕事は○時が良い
Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter