海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第28回)

難問を解決する人たちは「メンタル・モデル」が違う

2015.09.14 Mon連載バックナンバー

 大抵の人は、仕事や私生活において、問題に突き当たり、解決策をひねり出さなくてはならない場面に何度も直面したことがあるでしょう。こんな時、「いいアイディアが浮かんだら…」と思いませんか?

 天才と呼ばれるような優秀な人たちは、他の誰も解けない問題を解いたり、予想外の奇策を繰り出して社会問題を解決したりします。こうした人たちは、他の人と何が違うのか、そのヒントになる話を今回はごらんください。

元記事:「How Smart People Solve Unsolvable Problems」/Business Insider

 

天才物理学者は他の学生と何が違ったのか

 アメリカの物理学者であるリチャード・ファインマンは、1965年にノーベル物理学賞を受賞しました。彼は、史上最高の物理学者の一人として、広く知られています。

 ファインマンはMITで学士号を取り、プリンストンで博士号を取りました。彼はどちらの学校でも、ワルツを踊りながら数学科の部屋に入ってきて、どんな優秀な博士課程の学生も解けなかった問題を解いていく、ということで有名になりました。

 なぜ、ファインマンはこうしたことが可能だったのでしょうか。その素晴らしい著書「ご冗談でしょう、ファインマンさん(Surely You’re Joking, Mr. Feynman!)」の中で、彼はこのように述べています。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

「燃え尽き症候群」かもしれない10の兆候
Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter