海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第14回)

問題を解決に導く最強の思考ツールは「孤独」

2015.06.23 Tue連載バックナンバー

 計画や目標を立ててもその通りにできたためしがない……、重要な会議が近いのに、いいアイディアが浮かばない……、ということはありませんか。そうした悩みは、もしかしたら私たちがこの慌ただしい現代生活に流されてしまっているのが原因かもしれません。

 それを解決できるかもしれない最強の思考ツールがあります。それが「孤独」です。以下、元アメリカンフットボール選手であるマット・メイベリー氏の話をご一読ください。

元記事:「Solitude Can Be Your Most Powerful Thinking Tool」/Business Insider

 

孤独な環境で思考することが、最良の結論を生み出す

 朝起きた時からその日の終わりまで、なんだか全部ぼんやりしていたような日はありませんか? 物事の主導権が自分になく、どこかから降ってくるものに追われるだけという感じだったことは? もしそんな経験があるなら、おそらくその原因は「あなたは誰か他の人と一緒だったこと」にあるでしょう。

 日常生活は慌ただしく、私たちの一番良い部分をあっという間に取り去ってしまいます。ここで、この問題に明るい光をもたらしてくれる最強の思考ツールが「孤独」です。

 孤独、つまり一人でいる時間は、慌ただしい日々のスケジュールに新風を吹き込んでくれるだけでなく、私たちが集中力を維持し、目標達成への最短ルートを進むのを手伝ってくれます。あの偉大な発明王、トーマス・エジソンも「最良の思考は、一人でいる時に行われている。最悪の思考は、混沌の中で行われている。」と言っています。

 このエジソンの言葉は、我々に大切なことを教えてくれます。起業家なら、混沌とまではいかないにせよ、日々慌ただしく忙しいのが当たり前でしょう。しかし、意思決定を行う場合、落ち着かない環境で考えても、良い結論は出てきません。静かな良い環境で時間をすごせば、私たちの判断も素晴らしいものになるでしょう。

 何も邪魔するものがない、あなたとあなたの思考だけの時間。孤独は、精神にとっての良い食事のようなものです。

 

周囲の物事をシャットアウトしてはじめて、物事は考え抜ける… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

プレゼンは○時、創造力が必要な仕事は○時が良い
Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter