海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第17回)

「素晴らしい人脈を作る人」に共通する9の秘訣

2015.07.07 Tue連載バックナンバー

 「仕事で成功すること」は誰にとっても重要ですが、その「成功」の定義は人によって異なります。ただし、より大きな「成功」を目指すのであれば、素晴らしい人脈の形成なくしては不可能です。本当の成功は、人に親切にし、配慮し、敬意を払わねば、もたらされないのです。

 今回は、成功者はどうやってその素晴らしい人間関係を築いたかをお知らせしましょう。

元記事「How Successful People Build Exceptional Professional Relationships/BUSINESS INSIDER」

 

1. 頼まれる前に手助けする

 頼まれてから手を差し伸べるのは簡単ですし、大抵の人が手伝います。しかし、中には頼まれる前に手を差し伸べる人がいます。それは、ほんの少しの手助けでも、大きなインパクトがあるタイミングだったりすることが多いのです。

 素晴らしい人脈を作り上げる人は、よく気を配っているので、他の人が苦労している時にすぐ気づきます。そして、手を差し伸べるのです。しかも、それはよくある「何かお手伝いしましょうか」ではなく、絶対に断られないような、特定の手助けを提案するのです。

 こうして彼らは、相手の反射的な「いえ、大丈夫です」をさえぎり、腕まくりをして他人の人生に関与してきました。彼らは、人脈づくりのためにこうしているのではありません。結果としてそうなってはいますが、単に、彼らはその相手を気遣っているだけなのです。

 

2. 担当以外のトラブル案件も対応する

 たとえば、顧客がとても怒っていたり、ベンダーがひどいサービスに文句をつけて来たり、共通の友人が無視されたと感じたり……。状況が何であれ、誰の責任であれ、時には誰かがその対応をしなければなりません。

 素晴らしい人脈を作り上げる人は、そういった汚れ役を喜んで担当し、批判や非難を受け付けます。なぜなら、彼女は自分ならその対応ができると分っているからです。恐らく、真の担当者はそれができないと気づいているのです。

 担当ではないのに進んで手伝うことほど、無私無欲なことはないでしょう。だからこそ、これほど人間関係を強くするものもないでしょう。

 

3. 聞かれていない質問に答える… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

プレゼンは○時、創造力が必要な仕事は○時が良い
Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter