海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第12回)

比類なきリーダーになるための2つの力とは?

2015.06.05 Fri連載バックナンバー

力強いリーダーになるための2つの力

 混ざるとさらに力強いリーダーシップにつながるエネルギーが、2種類あります。

 これらのエネルギーは非常に信頼性が高く、なおかつタフです。それぞれ元素記号表に掲載してもいいくらいです。また、片方だけではなく、両方を組み合わせた時に発揮されます。別々にしておくと、目標達成へと向かう推進力は混ざった時よりも劣ってしまいます。この2つとは何でしょうか?

元記事「The Most Effective Leaders Have These 2 Traits/BUSINESS INSIDER」

 先に答えを言ってしまいましょう。1つは「思考力」であり、もう1つは「発信力」です。

 この2つを混ぜ合わせれば、比類なき本物の強力なリーダーシップが手に入ります。おそらく、会社や業界、またはそのプロセスの中でトップクラスでしょう。

 成功へと直行したいベンチャーなら、この2つの原料を混ぜなければなりません。しかし、1人の中にこの2つの能力が存在することはまれで、見つけるのは困難です。なぜなら1つは内部的なエネルギーで、もう1つは外部的なエネルギーだからです。もし1人の中で、または小さなチームやパートナーシップの中で、この2つのパワーが混ざったら、歴史を作り替えることができるでしょう。

 

「思考力」は、問題を解決する“商品”を生み出す力

 会社を始める時には、まずアイディアが必要です。レーガン大統領は、初期のスピーチで、こう言いました。「忘れないでほしい、アイディアは重要だ」と。アイディアは、中身であり、理由であり、目的であり、答えであり、人を動かすものであり、物事を可能にするものなのです。アイディアは、問題を「チャンス」というレンズを通して見ることで得られる理解から生まれるものです。

 そのため、アイディアを得るには、問題について考えるところから始めなければなりません。それも、長らく、絶えず、取り付かれたように、です。「解決策」から始めてはいけません。問題から始めるのです。

 まず問題から考えましょう。その問題と一緒に、問題の周りで、問題の中で、問題を通じて生活してみて、その影響をまず体験してみるのです。それを観察し、なぜ問題が起きるのかを、システム的に解明していきます。あなたはきっと、何を知らないかを認めることになります。そして、他の人たちがその問題をどう定義するか、耳を傾けます。

 解決方法から始めるのは、傲慢なやり方です。こうする人たちは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

「燃え尽き症候群」かもしれない10の兆候
Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter