ビットコインの行方(第3回)

ビットコイン対応に政府も苦慮、どうなる規制づくり

2014.04.02 Wed連載バックナンバー

 インターネット上の仮想通貨ビットコインをめぐり、政府が対応に苦慮している。政府は3月18日の公式見解で「実態を把握した上で、必要があれば対応を検討していく」とした。だが、日本ではビットコインの取引を直接規制する法律はなく、民事再生法適用を申請したビットコインの取引所「マウントゴックス」をめぐっても現行法での対応は難しい。担当官庁が宙に浮いたまま、取引ルールの整備が難航する可能性もある。

 「パートナーの監督官庁が決まらないと、われわれは何もできない」。3月11日、自民党の金融調査会・財務金融部会合同会議で、警察庁幹部はこう語気を強めた。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

産経デジタル

産経デジタル

産経新聞グループ各媒体のウェブサイト運営、ポータルサイト・モバイル端末などへのニュースコンテンツなどの配信を手がけています。ウェブでも国内最大級のニュースサイト「MSN産経ニュース」などを運営する産経新聞グループの記者が「Bizコンパス」のために書き下ろした、ここでしか読めない記事です。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter