きっとあなたもスポッとハマる! 海外最新スポット(第5回)

自然を全身で満喫!~南アフリカ流の夏(冬)休み

2015.10.20 Tue連載バックナンバー

 アフリカ大陸の最南端に位置する南アフリカ共和国(以下、南アフリカ)に住む人たちは、どのように長期休暇を過ごすのでしょうか?日本で長い休みといえば8月の夏休みですが、南アフリカでは国は季節が逆。そのため日本や欧米がもっとも寒い12月~1月に夏休みがあります。この時期の南アフリカには、寒い時期を暖かい場所で過ごそうと、イギリスやアメリカなどから多くの観光客が訪れます。

 南アフリカでは、連続して最大21日までの有給を取ることが雇用法で認められています。そのため通常の年末休みに有給をプラスして、1カ月以上の休みを取る人も多くいます。12月も中盤を過ぎれば、会社は開店休業状態。仕事をしようにも報告する上司も連絡する得意先もいないので、自分も休みを取らざるを得なくなります。その間、仕事のことは完全に忘れるのがこの国の流儀。音信不通は当たり前。休日は仕事のことを忘れて心置きなく楽しみます。

 そんな南アフリカ人の間で今人気の夏休みの過ごし方は、周辺国にあるファミリーリゾートでの長期滞在。娯楽は少ないですが、アフリカ南部ならではの温暖な気候と大自然を満喫することができます。もともとは国内旅行が人気でしたが、最近はよりリッチに、よりゴージャスに楽しめる南アフリカ周辺国への海外旅行への人気が急上昇中。今回はその中でも、南アフリカ人が特におすすめする3つの国をご紹介します。

 

ここは天国!? モーリシャス

 南アフリカの東にあるマダガスカルのさらに東にあるのがモーリシャス共和国。面積は2,040平方キロメートル、人口は130万人と小さな島ですが、ヨーロッパや南アフリカ人にとっては一種のステータスになっている場所。小説家マーク・トウェインは、彼の作品「トム・ソーヤの冒険」で、「神はモーリシャスというパラダイスを創り、それを真似て天国を創った」とまで書いています。

 南アフリカからは飛行機で4時間。年末のハイシーズンは、12月18日頃から。そこから出発の日が1日年末に近づくにつれ、値段はどんどん上がります。年末は雨期ですが、雨はザーッと降りすぐ晴れます。雨が上がったあとは、空気が湿っぽくなり、まさに熱帯といった感じになります。

 広大なリゾートホテルの敷地内には、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

花田 由衣

花田 由衣

現地在住ライター

アフリカ案内人。南アフリカ滞在7年。50カ国以上をバックパッカー旅行した後、南アフリカに到着。現地でアルバイト、留学、就職、結婚。TV出演、雑誌、新聞、ガイドブックなど執筆多数。College of Cape Town芸術学部、南アフリカ大学心理学部卒。海外書き人クラブ所属。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter