成長する企業の見分け方 いい会社は社員が気持ちいい(第1回)

社員に権限を積極的に与える企業は成長する

2014.12.02 Tue連載バックナンバー

 成長する企業は、社員が活き活きとして働いています。各々がきちんと果たすべき役割を意識して、その範囲内で精一杯努力をする。いわゆる大企業病のような、無責任で、自身での判断をせず、うまくその場をやり過ごすような社員はいません。本連載では、企業が自然と成長するような、社員を活性化する秘訣を解説します。

 成長企業の社員の目は、キラキラと輝いています。一方、なんとなく活気がない企業では、社員の目は死んでいます。その背景には、社員に対して本気で仕事に臨めるように裁量権が与えられている、ということがあります。積極的に仕事を任せている企業、任せていない企業を見分けるコツを説明します。

 

見分けるコツその1:その場で回答ができる

 今のビジネスは、スピードが大事です。成長する企業は、事業を拡大する好機を逃しません。そのために、社員一人ひとりが積極的に行動しています。なぜ、積極的に行動しているのか、行動できるのか、それは自分に対する自信と会社からの厚い信頼があるからです。

 私はこれまで1,000社以上の企業に取材してきましたが、社員に話を聞く時は、会社にとってマイナスなイメージの意見をあえてぶつけて、その返答から本音を引き出すようなことをします。成長企業の社員の方は、そのような意見や質問に対しても臆することなく答えてくれます。そこにあるのは、自分に対する自信です。

 ビジネスマンとして自信がある人は、一つひとつの発言にも力があります。決して語尾をごまかすようなことはしません。なぜなら話している内容が正しい事、これを話しても問題がないという、確信が持てているからです。

 このようなことはビジネスの場でも当然当てはまります。何気に質問をしてみると、そのような確信を持っている人は即答してくれます。また、自身では回答できないような高度な質問や決裁が必要なものであれば、すぐに上席の確認を取る事を約束してくれます。

 このように、その場ですぐ回答してくれるかどうかは、その会社が成長企業かどうかを図る上で重要な判断ポイントになります。

 

見分けるコツその2:金額面の判断をその場でできる… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

大坪 和博/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

大坪 和博/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーのディレクター・プランナー・ライター

東京23区在住、宝石販売会社、自動車マーケティング会社勤務後、金融・IR系制作プロダクション、IRコンサルティング会社を経て、PLAN Gを設立。現在ではフリーのディレクター・プランナーとして、主にコーポレートツール(会社案内~IRツール等)およびプロモーションツールのプランニングからディレクション・ライティングに至るコンテンツ全般や取材インタビュー記事を主な業務としている。書籍のゴーストライティングや企業年史、企業取材等も精力的にこなし、取材した企業数は1,000社以上。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter