得するお金の使い方(第1回)

準備は6月から!出費の多い夏をお得に過ごす

2014.06.23 Mon連載バックナンバー

 夏には夏の出費があります。冷房を使うため電気代がほかの季節より高くなりますし、シャワーや庭の散水などの使用量が増えるため、水道料金もかさみます。加えて夏休みを楽しむ行楽費用も必要。そんな夏に特有の出費は、6月ごろから準備をすることで、かなり大幅に削減することができます。

 

グリーンカーテンで電気代を節約

 夏の出費で大きいのが、電気料金や水道代。特に酷暑が続くことの多い最近では、長時間クーラーを利用することや、冷蔵庫の消費電力が増えることなどで、電気料金が大きくふくらみます。

 これを抑えるのに役立つのがグリーンカーテン。つる性の植物を窓辺に植えて、日差しをさえぎるものです。葉っぱから水分が出る蒸散作用があるため、よしずなどよりも大きな遮熱効果があります。

 「グリーンカーテンの陰では、日中の温度が15度も低かった」という実験結果もあるほど。その分、エアコンの使用を抑えられますから、節電にも大きく役立ちます。ただ、よしずと違い「買ってきてすぐに設置!」というわけにはいきませんから、真夏に大きく茂るよう、5月ごろから植えるのがおすすめです。

 グリーンカーテンとして利用できる植物は数多く、ゴーヤやアサガオなどが一般的。その他にも、キュウリやツルムラサキ、オカワカメなど、食材として利用できるものがたくさんそろっています。

 夏野菜には、夏に必要なミネラルが多く、身体を内側から冷やしてくれる作用もあります。自家製の安心・安全な野菜をたくさん食べることは夏バテ予防にもつながりますので、一石二鳥以上の効果が期待できます。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter