最新知識で最大の「資産」を守る 健康情報最前線(第2回)

心理学が発見!幸福になるカギは○○だった

2014.08.24 Sun連載バックナンバー

 幸せに暮らしたい、というのはほとんどの人の願いです。最近の研究では、「幸福感を持つ人ほど、がんや心臓病になりにくい」とも報告されています。健康に過ごすためにも、幸せに暮らすことは大切なのです。でも「幸せの青い鳥」はいったいどこにいるのでしょう? 科学的なアプローチから、どうやら一つの答えが出たようです。

 

幸せはお金じゃなかった

 少し古いニュースになりますが、「世界幸福度マップ」というものが発表されたことがあります。英レスター大学の研究者が、世界178カ国を幸福度でランキングしたもの。基準となったのは、健康や経済、教育などの尺度で、さまざまな統計資料の他、8万人を対象とするアンケート調査の結果もデータに織り込んだそうです。

 その結果、1位になったのはデンマーク。日本は真ん中くらいの90位で、82位の中国よりも下でした。ほとんどの項目で高得点をとっているのに、幸福度がそれほど高くないことには、なにやら日本人らしいトホホ感もあります。

 幸せの青い鳥は、どうやれば捕まえられるのでしょう?「やはりお金持ちになれば……」と考えがちですが、どうやらそうではない様子。英ウォーリック大学の経済学者が行った世界各国のGDPと幸福度の比較調査によると、GDPが1人あたり3万6,000ドル(約363万円)になったときが幸福度のピークで、それを超えると少しずつ低下するというのです。

 米カリフォルニア大学の研究チームが2012年に発表した研究結果でも同じく、「お金=幸せ」を否定する答えが出ています。12グループ、80人の学生を対象に、家庭の収入や資産、仲間内での評価などと、それぞれの学生が持つ幸福感を調べたところ、学生が幸せを感じる度合いと、家庭の収入・資産はほとんど関係がないことがわかったのです。

 それでは、幸福度と関係していたのは、どんな事柄だったのでしょう?… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter