NGを洗い出せ!公式サイトのイメージアップ術(第4回)

公式サイトの炎上・風評被害はどう防ぐ?

2014.10.25 Sat連載バックナンバー

 「思いもよらない一言で、公式サイトが炎上してしまった」「本来無関係なのに、風評被害でものが売れなくなってしまった」……インターネット社会でビジネス展開を行っている以上、誰もがある程度は覚悟しておかねばならないリスクです。被害を最小限に抑えるために、その原因と対策をしっかり把握しておきましょう。

 

炎上被害を抑える「防火」と「初期消火」

 昨年、「職場の食品ケース内で寝転んだ写真をネット上にアップする」という行為が一時的に流行しました。これにより、多くの企業が「炎上」したのは、記憶に新しいところです。炎上とは、「不祥事をきっかけに爆発的な注目を集める状態」を差しますが、瞬時に情報が広がるネット社会では、企業はいきなり猛火にさらされることになります。多くの場合、経営陣が知るころには、不祥事の情報は隠しようもなくネット上を駆け巡っているのです。そんな「炎上」の被害をどう抑えればよいのでしょうか。

 現実における火事の被害を軽減する基本は、しっかりとした「防火」と、それでも火の手が上がったときの「初期消火」にあります。

 まず「防火」面で重視したいのが、従業員の教育です。株式会社マクロミルが行った調査によると、2014年に成人を迎える新成人たちのSNS利用率は91.2%にのぼっています。一方、ネット利用の危険性や、マナーについて学ぶ場は、ほとんどありません。大きな危険性をはらんでいるアイテムが野放しのまま利用されているのです。そういった従業員に対して、ネット利用についての教育を徹底することは、企業にとって急務といえます。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter