心をつかむプレゼント戦略(第4回)

バレンタイン・ホワイトデーには上司力を示す!

2015.02.11 Wed連載バックナンバー

 女性には女性にしかない感性や細やかな気遣いなど、ビジネスで大きな武器となる特徴があります。そんな女性社員たちが元気な企業ほど大きく伸びる、ともいわれます。やる気を持って、しっかり働ける環境を作るのは上司の仕事。バレンタインデーやホワイトデーは、女性社員と良好な関係を築き、職場の雰囲気を盛り上げるチャンスです。

 

バレンタイン・ホワイトデーは感謝を示す好機

 すっかり日本の文化として根付いた感のあるバレンタインデーとホワイトデー。職場でも、この日に行われるお菓子のやりとりを「コミュニケーションの一環」ととらえるのが一般的です。実際、あるアンケート調査(PDF)でも、バレンタインデーやホワイトデーにオフィスでお菓子を渡す理由について、「コミュニケーションのきっかけとして」とする回答が最多でした。2番目に多かった「普段の感謝の気持ちを伝えるため」と合わせて、職場の人間関係を円滑にするために、「お菓子」という潤滑油をさす好機、と考えられているようです。

 クリスマスや誕生日、社員の記念日などにプレゼントを贈る職場もありますが、こちらはほとんどの場合、会社や経営者が社員に対して一方的に贈るものです。誕生日や記念日はそれぞれ日取りが異なるので、みんなで楽しみを分かち合って、コミュニケーションを図るには不適です。

 これに対して、バレンタインデー・ホワイトデーは、全ての社員が同じ日に、お互いにプレゼントの交換を楽しめるイベントです。さらに定番のプレゼントがある程度決まっているという利便性もあるため、プレゼント選びにつきまとう気苦労は比較的小さめです。こういったことから、職場の人間関係を円滑化するのに、とても適したイベントなのです。

 

バレンタイン……“ハンパない”女性の気苦労は知っておくべし

 職場にとって人間関係の形成に役立つバレンタイン・ホワイトデーですが、女性社員にとっては、気苦労の多いイベントであることを理解しておく必要があります。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter