心をつかむプレゼント戦略(第6回)

退職記念品で「ありがとう」と「お疲れ様」を伝える

2015.03.01 Sun連載バックナンバー

 退職する方の個性や事情はさまざまです。女性の場合は定年退職や転職だけでなく、結婚や出産を機に退職する方もいます。相手によって、喜んでもらえるアイテムは異なりますし、退職する理由によっては、気をつけたいポイントもあります。贈る側の「デキル感」アップにもつなげられるので、繊細な配慮を盛り込みたいところです。

 

定年退職 もらってうれしいランキング2位は商品券

 定年退職する方へのプレゼントを選ぶ際に参考になるのが、「日経プラスワン」が2007年に行った読者アンケート。定年退職する人に対して「もらってうれしい退職記念品」を訊ねたもので、少し古いデータになりますが、好みは今もほとんど変わらないものと思われます。

 ランキングを見ると、好まれるものの系統は大きく3つに分かれています。 4位の「腕時計」、6位の「寄せ書き」、9位の「置き時計」、10位の「絵画」といった記念品としての性格が強いもの。さらに2位の「商品券」、8位の「選べるギフト」のように、自分でチョイスできるもの。そして1位の「旅行券」、5位の「パソコン」、7位の「デジカメ」といった退職後の趣味につながるアイテムです。旅行券は特に、行き先などを自分でチョイスできる、という利点と退職後の趣味にもつながりますから、最多得票もうなずけるところ。

 プレゼントを選ぶ際には、まず相手の性格やライフスタイルから、どの系統がいいかを考え、その上で趣味や好み、記念品を飾る場所があるかなど、住まいの事情などもさりげなく訊ねてみてからチョイスすると、喜んでもらえる可能性が高まります。

 

寿退社・出産退社の場合

 同じ退社でも、寿退社や出産退社の場合には、プレゼントに求められる気配りが違ってきます。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter