お酒の席で評価を上げる知恵(第6回)

部下は意外に待っている?飲み会のスマートな誘い方

2015.03.21 Sat連載バックナンバー

 「最近の若者は、飲みに誘ってもプライベートを理由に断る」と言われはじめたのが80年代。 以来、若手を飲みに誘うことを控える風潮が強まってきました。しかしながら、アルコールにはお互いの理解を深める大きなはたらきがあります。職場の人間関係を円滑化するためにも、たまには部下を飲みに誘ってみませんか?

 

部下は意外に待っている?

 新入社員を対象にマクロミルがおこなった「2011年新社会人の意識調査」によると、会社での飲み会について83.4%の人が「参加したい」「なるべく参加したい」と答えています。参加したい理由でもっとも多かったのは「職場の人間関係を円満にするため(83.5%)」でした。

 ところがキリンホールディングスが一般社会人を対象に2012年に行ったアンケート調査では、同僚・上司・部下などと飲む機会が必要、と回答した人の割合は、50%を割り込みます。相手を上司のみに絞ると、この数字はさらに低くなり、もっとも高い20代男性でも47.0%どまり。希望に燃える新人のころには、職場の飲み会に対して理想があったのに、現実に参加してみると「もうけっこう」となることが多いようです。

 ちなみに、同アンケートには恋人・部下・上司・友人・同僚といった飲む相手別の予算もありますが、2008~2012年を見ると、ほぼすべての数字が右肩下がりになっています。

 注目したいのは、同僚と飲みに行くときと、上司と飲みに行くときの違い。同僚との場合には1回平均3,822円となっていますが、上司の場合には、これを上回る3,899円となっています。上司との飲み会となれば、「おごってくれるもの」というイメージがありますが、実際にはここでも新人の期待は裏切られてしまうようです。まずは、「今夜は俺のおごりだ!」の一言が大切です。

 

意外な盲点も! 好まれるのはこんな上司… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter