歴史書店 三冊堂(第12回)

歴史小説とも時代小説とも違う!歴史エンタメノベル

2014.11.30 Sun連載バックナンバー

 歴史を題材にした小説には、二種類の分類があります。“歴史小説”と“時代小説”です。

 この両者、似ているようですが明確な違いがあります。歴史小説は歴史上の人物やできごとを史実に照らし合わせて物語化した作品で、一方の時代小説は歴史人物や時代環境を物語のフレームとして用い、架空の物語を展開する作品を指します。前者は司馬遼太郎、後者は藤沢周平に代表されます。

 しかし、ここではそんな枠組みをとっぱらい、映画やゲームとも比肩できるような今っぽい感性の小説を“歴史エンタメノベル”として三冊ご紹介しようと思います。

 まずは下川博著『弩』をおすすめしましょう。読み方は「ど」です。重い矢や石を放ち、弓矢よりも殺傷能力が高いとされる重量級の武器の名前です。

 舞台は14世紀中頃の南北朝時代。村を襲う悪党を撃退するため、農民たちが8人の侍を雇って対抗する――と書くと、まるで映画『七人の侍』そのままじゃないか、と思われるかもしれません。でもこの小説、じつは創作ではなく、実話をもとに書かれているのです。

 注目すべきポイントはふたつ。まずひとつめは、農民たちが侍を雇う経済力を持っていたということ。そしてふたつめは、農民たちが侍と渡り合うために、武士階級には普及しなかった「弩」という武器を得たことです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

土方歳三、北へ――京都以降の新選組をたどる
かみゆ歴史編集部

かみゆ歴史編集部

歴史コンテンツメーカー

歴史関連の書籍や雑誌、デジタル媒体の編集制作を行う。ジャンルは日本史・世界史全般、アート、日本文化、宗教・神話、観光ガイドなど。おもな編集制作物に『日本の山城100名城』(洋泉社)、『一度は行きたい日本の美城』(学研)、『戦国合戦パノラマ図鑑』(ポプラ社)、『系図でたどる日本の名家・名門』(宝島社)、『大江戸今昔マップ』(KADOKAWA)、『国分寺を歩く』(イカロス出版)など多数。お城イベントプロジェクト「城フェス」の企画・運営、アプリ「戦国武将占い」の企画・開発なども行う。公式サイトはwww.camiyu.jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter