「電話もクラウド」の時代がやってきた!(第1回)

なぜいま企業がクラウド型PBXを選択するのか!?

2015.01.28 Wed連載バックナンバー

 現在クラウド上では、仮想サーバーやストレージ、あるいはCRMやグループウェアといったアプリケーションなど、さまざまなものがサービスとして提供されています。さらに最近では、内線通話を実現するPBXやコールセンターで使われるCTIなど、音声系システムをクラウド上で提供するサービスも広まりつつあり、設備の更改や拠点の新設といったタイミングでクラウド移行を決断する企業が増えています。この連載では、クラウド上で提供される音声系システムの概要や移行メリットについて分かりやすく解説していきます。

 

PBXも“持たずに利用する”時代へ

 企業内のコミュニケーションにおいて、いまだに必要不可欠なツールとして内線電話が挙げられます。メールでのコミュニケーションが主流となりつつある昨今においても、離れたロケーションの人とリアルタイムな意思疎通が求められる場面では、やはり内線電話は手軽で便利なツールです。

 この内線電話を実現するために、多くの企業で使われてきたのが… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter