事例で学ぶ、セミナー運用の効率化とコスト削減

社内研修に最適なクラウド型動画配信サービスとは

2014.05.23 Fri連載バックナンバー

 社員研修は企業にとって非常に重要な活動ですが、経営の効率化やコスト削減が推進される中で、コンテンツ配信や動画配信などのITサービスを有効に活用する事例が増えています。実際にどのようなサービスが導入されているのか、導入によっていかなるメリットがもたらされたのか、社員教育ツールのビジュアル化を積極的に進めている神奈川トヨタ自動車の事例をもとに、ご紹介しましょう。

 

ビジュアルを使った社員教育ツールを模索

 神奈川トヨタ自動車株式会社は、神奈川県内においてトヨタおよびレクサスブランド、輸入車の新車販売、中古車販売を核に事業を展開する企業です。同社では数年前より、社員教育ツールのビジュアル化に積極的に取り組んでおり、ビデオコンテンツを作成し、それを社内配信するシステムの構築を模索していました。

 企画部 情報システム室の中島智広室長は、「テキストのドキュメントでは、どうしても理解に時間がかかったり、理解が不足してしまったりすることがあり、これまで漫画やFlash動画なども含め、社員教育ツールのビジュアル化をいろいろと試行錯誤してきました。当社では、社内向け営業ツールとして、CRM・顧客管理アプリケーションであるSalesforce(セールスフォース)のプラットフォームを使ったシステムを活用しているのですが、それを展開する上で社員に操作方法などを説明するための集合研修を実施していました。しかし、拠点は神奈川県内に広く展開されており、本社までの往復に要する時間などを考えると、社員を各拠点から集めて研修を行うことは決して効率的とはいえません。そこで、説明用の動画を簡単に作成でき、社員に配信できる手段がないものだろうか、と考えていたのです」と、社内向けに動画配信サービスを導入することになった背景を説明します。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter