ここまで進化している!データセンター最新動向

企業に最適なデータセンターを見直すポイントとは

2016.04.15 Fri連載バックナンバー

 1990年代後半から、従来企業各社が社内で運用していたサーバーをデータセンターに移行する動きが始まり、この需要に応えるべく日本各地でデータセンターが建設されました。それから10数年がたち、データセンターは着実に進化を遂げています。ここでは新旧データセンターの違いなど、最新のデータセンター事情について解説していきます。

 

集積率向上が最新データセンターの大きな魅力

 新システムの構築や既存システムのリプレースといった局面において、昨今ではAmazon Web Servicesの「Amazon Elastic Compute Cloud」やマイクロソフトの「Microsoft Azure」、NTTコミュニケーションズの「Enterprise Cloud」などといったクラウドサービスを選択するケースが増えています。しかし、システムによっては物理サーバーを使った運用が求められるケースがあるほか、自社でプライベートクラウド環境を構築している企業も少なくありません。こうしたオンプレミスでのシステム運用において、必要不可欠な存在となっているのがデータセンターです。

 データセンターを利用する最大のメリットとは、安定したシステム運用が可能になることでしょう。具体的には、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter