ヒト・モノの現状を、クラウドで見守るロボット

“誰でも使えるIoT&AI”で社会課題に挑むビーサイズ

2017.04.11 Tue連載バックナンバー

 機能性・デザイン性に優れた家電製品を生み出して、各種メディアなどから注目を集めたビーサイズ株式会社。同社の次のチャレンジは、IoTとAIを活用し、人とともに社会課題を解決するロボットを開発することでした。

 開発の中で直面したのが、ロボットの通信機能に関する課題でした。同社は、その壁をどのようにして乗り越え、誰もが安心して使えるサービスの提供を実現できたのでしょうか。

ビーサイズ株式会社について

 ビーサイズ株式会社は、家電製品の企画・設計・製造・販売を手がけ、ユニークな製品の企画力や開発力で注目されるハードウェアベンチャー企業。大手メーカーで医療機器の設計に従事した経歴を持つプロダクトデザイナーである八木啓太氏が、これまでにない製品を開発したいとの思いで2011年に独立。「デザインとテクノロジーで社会に貢献」「生活の不満をテクノロジーで解決」をコンセプトに事業を展開している。自然光に近いLEDデスクライト「STROKE2」や、杉間伐材を使ったインテリアに溶け込むワイヤレス充電器「REST」など、国内外でデザイン賞を受賞(※)

※STROKEが「2015年度グッドデザイン賞」「Red Dot Award 2016」「iF Design Award 2016」を受賞

 

通信機能が要となる新デバイスを開発――安定性やコストを基準に検討を開始

 同社の設立者であり代表である八木啓太氏は、新サービスについて次のように説明します。

 「現在開発しているのが、『Bsize BoT(以下、BoT)』シリーズです。このサービスは、センサーやカメラを積んだ手のひらサイズのロボットと、クラウド・アプリをオールインワンで提供するというものです。ロボットが知覚する情報を取得し、クラウドで管理、学習することで、ロボットの周辺の状況を離れた場所から確認できたり、普段と違う異常状態を通知、解決提案してくれたりすることができます」

 八木氏は、BoTの使い方を例示します。「たとえばGPSセンサー搭載型のBoTをお年寄りや子どもが身に付ければ、常に所在が確認できて家族は安心するでしょう。また、カメラ搭載型のBoTを畑に設置すれば、現地に足を運ぶことなく、天候や作物の状況などを知ることが可能です。離れたヒトやモノ同士が、距離や時間の壁を越えてつながることで、1人の人間としてできることを拡張させたい。そこで生み出される時間を、より有意義に過ごしてほしいと思います。さらにこのBoTが、人に変わって状況を理解し、解決を提案してくれる知的パートナーとして労働人口低下や少子高齢化などの社会課題の解決に貢献できればと考えています。」

 BoTが目指すIoTサービスを実現するには、安定して常時接続可能な堅牢な通信品質や、利用者のランニングコストに直結する手ごろな通信料など、クリアすべきハードルが多々ありました。それらを乗り越えないと、八木氏が想定している質の高いサービスは実現できないと言います。そこで、どのような通信機能を実装するかが、BoTの品質を決定づける重要なポイントとなりました。「通信キャリアのサービスやWi-Fi、Bluetooth、LoRaといった多数の通信方式を比較し、どれがBoTに最適な方式なのかを念入りに検討を重ねました」と八木氏は振り返ります。

 

ネットワークのプロの知見を基に「誰でも簡単に使える」サービスを実現

 検討に当たってとりわけ重視したのが、「難しい設定が不要で、箱を開けて取り出せばすぐ使い始められること」と「通信コストが抑えられること」でしたと、八木氏は話します。

 「何度も試作モデルを作って、検討を重ねていきました。そこで判明したのが、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter