働きやすさの向上を図るグローバルICT基盤を構築

三菱電機の海外事業強化の鍵、ハイブリッドクラウド

2017.02.10 Fri連載バックナンバー

 日本有数の総合電機メーカーである三菱電機グループがグローバル事業の強化を目指し、グループ内のICT基盤整備に本格的に着手しました。「Office 365」などのクラウドサービスの積極的活用と同時に、自社で構築しているプライベートクラウドとの連携を図ったハイブリッド環境での運用が大きな特徴です。グループのITを統括している三菱電機のIT戦略室に、その取り組みの背景や狙い、具体的な施策や今後の展望などを伺いました。

 

グローバル強化という経営方針を背景にICT基盤の整備を推進

 三菱電機株式会社は、1921(大正10)年に設立され、2020年には創立100周年を迎えます。日本を代表する総合電機メーカーとして、重電システム、産業メカトロニクス、情報通信システム、電子デバイス、家庭電機などの事業分野において幅広い製品やサービスを国内外に提供しています。三菱電機を核とする三菱電機グループは、コーポレートステートメントとして「Changes for the Better」という言葉を掲げ、常により良いものを目指して変革していく姿勢をもって事業を展開。「グローバル環境先進企業」として時代の要求に応えられる企業集団を目指すとともに、もう一段高い成長の実現に向けて、変革への挑戦を続けています。

 グループのITを統括する三菱電機IT戦略室長を務める執行役員の木槻純一氏は、グローバルICT基盤の整備に着手した背景やその狙いを説明します。

 「我々は、創立100周年に向けての具体的な経営目標として、2020年度までに売上高5兆円以上、営業利益8%以上という数値を設定し、それらを実現するための経営方針として、『強い事業を核としたソリューション事業の強化』や『グローバル展開の拡大』等を掲げています。2014年度に目標を設定し、2015年度からテーマごとに活動を展開していますが、IT戦略室では、主要プロジェクトとして、グローバル展開強化を主眼に置いたICT基盤の整備・強化に取り組んでいます。この取り組みには、『サイバー攻撃対策の強化』『情報共有とコミュニケーションの効率化』『ICT基盤提供の迅速化』という大きな3つの狙いがあり、それぞれについて課題を抽出し、解決策を立案していきました」

 

効率化とセキュリティの両立を図りハイブリッドクラウドを選択

 従来、三菱電機グループでは、企業や拠点ごとに独自にITシステムを構築していたため、個別最適の状態になっていたと言います。海外進出を拡大していく中、海外とのコミュニケーションや情報共有の機会や必要性が大きく増加しており、従来の状況では非効率になっていた面があったとのこと。当然、セキュリティ対策も各拠点でバラバラの状態であり、統一・強化を図っていく必要がありました。

 「昨今、どの企業にも言えることですが、セキュリティは極めて重要なテーマです。特に当社はインフラなどを幅広く提供していることもあり、サイバー攻撃の標的になりやすいという側面があります。これまではウイルスに感染した端末の特定に時間を要する場合がある、万一ファイルが盗み出されてしまった際の情報保護体制の整備が拠点によっては万全とは言えないなどの課題がありました。そこで国内外約300拠点、19万台の端末を一元管理し、セキュリティパッチの自動適用、ウイルス感染に対する集中監視や自動検知を行うことにしました」(木槻氏)

 2つ目の狙いであるグループ内の拠点をまたぐ情報共有とコミュニケーションの効率化については、「いつでも、どこからでも、安心して快適に利用できるIT環境」の構築を目指し、グループのITシステムを標準化・共通化し、24時間365日利用できる可用性を実現するという方針が定められました。また、3つ目の狙いであるICT基盤提供の迅速化については、新しく設立する海外拠点にITの専門スタッフがいなくても、スムーズかつスピーディーにITの利用が開始できることを目標に掲げました。同時に、これら2つの狙いに共通して、コストを抑制しながら段階的に導入することも不可欠な要素だったと言います。

 「拠点間の情報共有やコミュニケーションを効率化することと、インフラ提供を迅速化することには、投資費用面からもパブリッククラウドを積極的に利用することが非常に有効であると判断し、Microsoftの『Office 365』をグローバルに導入し、一部のシステムを「Microsoft Azure」上で稼動させることとしました。パブリッククラウドの利用については、セキュリティへの懸念などから社内でも議論がありましたが、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter