IoT先進企業が選んだデータプラットフォームに着目

GE、シーメンスが採用した「データ統合基盤」とは

2016.11.11 Fri連載バックナンバー

 複数のシステムを連携させるために、必要不可欠な存在となっているのが「データ統合基盤」です。IoTの時代になってデータ量が膨大になれば、このデータ統合基盤の重要性が高まることは間違いありません。そこでIoT活用の先進企業であるGEやシーメンスをはじめ、グローバルで採用されているデータ統合基盤である「Talend」を提供している、Talend株式会社の代表取締役社長である西村哲也氏、セールスマネージャーの角田賢治氏、そしてプリセールスマネージャーの正金秀規氏に、IoT時代におけるデータプラットフォームの構築をテーマにお話を伺いました。

 

GEやシーメンスのIoT活用を支えるTalend

 あらゆるものがインターネットにつながり、それぞれが何らかの情報を出力するようになれば、これまでとは比較にならないほど膨大なデータをシステムで扱うことになります。こうしたビッグデータを分析し、新たな価値を創造するための取り組みが各社で進められていますが、そこで重要になるのがシステム間のデータ連携です。

 たとえばIoTデバイスが出力したデータをHadoopで分析し、その情報をさらにERPBIといった別システムで利用するといったことを考えた場合、各デバイス・システム間でデータを流通させることになります。そこで利用されるのがデータ統合基盤やデータ連携基盤と呼ばれる仕組みで、それぞれ独立したシステムを結び、データを送受信するために必要な機能を提供します。1つのシステムでは達成できない目的を実現するために、データの側面からそれぞれのシステムを接続するためのプラットフォームと捉えればよいでしょう。

 このデータ統合基盤の1つとして、オープンソースで開発が進められているのが「Talend」です。すでにIoT領域での実績も豊富であり、Talend株式会社のセールスマネージャーである角田賢治氏はGEシーメンスの事例について紹介します。

 「GEでは風力発電をコントロールする目的でIoTを活用しており、そのデータ統合基盤としてTalendが使われています。エネルギーを無駄なく供給するために、IoTの技術を使ってデータを収集し、その内容に応じて風力発電のための設備を制御するといった形です。

 またシーメンスでもIoTプロジェクトの基盤の中にTalendが採用されています。シーメンスはスペインの国有鉄道に車両などを供給していますが、そこでスマートセンサーを利用して情報を収集し、ビッグデータ分析により故障の予知を行い、事前に部品交換することで安定した運行を実現しています」

先進事例紹介:GE Power & Water:IoT

先進事例紹介:独シーメンス社

 

データ統合基盤に必要な機能を網羅的に提供

 Talendは日本企業の採用事例も豊富で、金融業や製造業、建設業者、通信事業者など、さまざまな業界や企業で採用されています。システム間のデータ連携を可能にするツールとしては、EAI(Enterprise Application Integration)ETL(Extract,Transform,Load)といったカテゴリで多数の製品がリリースされていますが、これらの製品とTalendは何が違うのでしょうか。この問いに答えていただいたのは、Talend株式会社の正金秀規氏です。

 「連携と一口に言っても、その方法は多種多様です。極めて大量のデータを一括で送る場合もあれば、1つ1つのメッセージをなるべく早くしかるべきシステムに届けたいケースもあります。こうしたさまざまな処理方法が連携という言葉の下にはあるわけですが、いわゆる連携統合処理においては、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter