クラウドネイティブの新常識「OpenStack」とは(後編)

OpenStackで作るプライベートクラウドの「実力」

2016.10.21 Fri連載バックナンバー

 オープンソースで開発が進められているクラウド基盤ソフトウェアである「OpenStack」は、商用クラウドサービスでの利用が広まっているほか、プライベートクラウドを構築する際にも活用されています。OpenStackは拡張性や柔軟性の高さが最大の特徴であり、ビジネスの変化に応じたスピーディな開発や、大幅なコストダウンが図れるほか、さまざまなメリットがあります。今回は企業がプライベートクラウドを構築する背景や、そこでOpenStackを採用する理由などについて、NTTコミュニケーションズのクラウド・エバンジェリストである林雅之氏に解説してもらいました。

 

今、パブリックではなく“プライベート”を選ぶ理由

 既存のシステムを一斉に見直して全体最適を図りたい、IoTデジタル・トランスフォーメーションといった新たなトレンドに追従できるようにIT基盤を強化したいといった場面において、それを実現するインフラとして多くの人が思い浮かべるのは「Amazon EC2」や「Microsoft Azure」に代表される、共用型パブリッククラウドの利用ではないでしょうか。パブリッククラウドはリソースのコントロールが容易で、なおかつ自社でサーバーなどを資産として持つ必要がないことから、柔軟にインフラを運用できるというメリットがあります。この利点を生かし、新たなITトレンドに対応していこうというわけです。

 一方、そのようなIT基盤として共用型パブリッククラウドを使うのではなく、自社で独自に構築したプライベートクラウドを利用するという選択をする企業も増えています。その背景はいくつか考えられますが、そのひとつとして「自社でクラウド環境をコントロールしたい」というニーズが考えられます。

 クラウドをとりまく技術は日々進化していますが、当然ですが共用型パブリッククラウドでは、利用できる技術や機能の選択はサービス提供者側が行うため、ユーザー側は提供されるのを待つしかありません。これを自社のビジネスにおけるリスクと捉えた場合、プライベートクラウドを選択するのは必然と言えるでしょう。

 

エンタープライズ領域でも採用例が増えるOpenStack

 このプライベートクラウドの構築に利用するクラウド基盤ソフトウェアとして、昨今シェアを高めているのが「OpenStack」です。前回も解説したとおり、OpenStackはオープンソースで開発が進められているクラウド基盤ソフトウェアであり、RackSpaceドイツテレコムなどが商用クラウドサービスの基盤として採用しているほか、アメリカのYahoo!PayPalNTTレゾナントなどの企業では、開発環境やサービス提供基盤などとしてOpenStackを活用しています。

世界のプライベートクラウド市場

 さらに現在では、B2C系のサービスだけでなく、エンタープライズ領域でもOpenStackを採用する企業が増えていると話すのは、NTTコミュニケーションズのクラウド・エバンジェリストである林雅之氏です。

 「プライベートクラウドの構築において、従来はVMware社のプロダクトを利用してオンプレミスで構築するというケースが一般的でした。しかし最近になり、エンタープライズ系システムの基盤として一般の企業がOpenStackを採用するケースが目立ち始めています。その背景としては、特定のサービスに依存することで生じるリスクの回避、あるいはオープンな技術を採用することによる拡張性や柔軟性の確保などがあると考えています」

 

スピードや拡張性の高さがOpenStackの魅力

 新たな技術を積極的に採用して活用したいと考えている企業にとっても、OpenStackは魅力的な選択肢となるでしょう。たとえばネットワーク制御を行うコンポーネントである「Neutron」はいち早くSDNに対応し、自由度の高いネットワーク制御を可能にしました。プライベートクラウドをOpenStackで構築すれば、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter