IoTに熱い視線!「Interop Tokyo 2016」(前編)

IoT事例、カメラクラウドソリューションに注目!

2016.06.16 Thu連載バックナンバー

 2016年6月8日から10日までの3日間、ネットワーク関連ソリューションの大規模な展示会である「Interop Tokyo 2016」が幕張メッセで開催されました。ここでは、NTTコミュニケーションズのブースと、IoTに関連したセッションの模様をお届けします。

 

IoTとクラウドを安全につなぐ技術を展示

 23回目の開催となる今年のInterop Tokyoにおいて、大きな注目を集めていたのがIoT(Internet of Things)関連のソリューションです。IoTは社会に大きな影響を与える可能性を秘めたテクノロジーであり、モノをネットワークにつなぐ、あるいはつないだモノから情報を収集するなど、さまざまなIoT関連ソリューションが展示されていました。

 その中で、NTTコミュニケーションズのブースで紹介していたのは、「IoT向けSDNソリューション」と、Interop TokyoのBest of Show Awardにおいてクラウドサービス部門準グランプリを獲得した「多拠点カメラクラウドソリューション」です。各種センサーやネットワークカメラから、データをリアルタイムに取得するためにはネットワークが欠かせませんが、インターネットを利用するとサイバー攻撃のリスクを伴います。そこでNTTコミュニケーションズが提示しているのは、第三者が接続できないクローズドVPNを利用することで、安全にIoT機器とクラウドを接続する形です。これなら攻撃者がインターネット経由でIoT機器にアクセスすることは不可能なため、サイバー攻撃を受ける不安を解消できるというわけです。

 今回展示されていたIoT向けSDNソリューションは、IoT機器をインターネット経由でクローズドVPNに接続するための仕組みです。具体的にはコントローラーからオンデマンド制御可能なVPNソフトウェアをIoT機器に組み込むことで、インターネット経由で安全にデータを送受信することを可能にします。現状は技術開発の段階ですが、実用化に向けて開発が続けられるとのことでした。

 もう一方の多拠点カメラクラウドソリューションでは、すでに提供されているサービスである「Arcstar Universal One Virtual」を活用し、インターネット、あるいはモバイルネットワークを介して、カメラが撮影した映像をクラウド上に記録します。こちらの展示でもポイントとなっていたのは、インターネット経由で安全に「Arcstar Universal One」に接続する技術です。Arcstar Universal One Virtualでは、インターネット経由でArcstar Universal Oneに接続するための専用のアダプタが用意されており、これを利用することで専用の回線を用意することなく安全にカメラとクラウドを接続することができます。

Arcstar Universal One Virtualによるカメラクラウド

 

クラウドとの組み合わせで広がるカメラの可能性… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter