情報システム部長のためのIoT推進ガイド(第4回)

NTTコミュニケーションズのIoT Platform戦略とは

2016.06.01 Wed連載バックナンバー

 製造業のIoT化は、デバイスなどを取り付けたり、実際にIoTシステムのオペレーションを担う生産現場の協力を得たりすることなしには進みません。そこでポイントとなるのが、ディスカッションを通じて現場の意見を聞くこと、そしてなるべく現場の負担が小さい形で導入計画をスタートすることです。

 また、製造業でのIoT導入にノウハウを持った企業と組み、専門家の知見を取り入れながら導入計画を進めていくことも重要です。

 たとえばNTTコミュニケーションズは、製造業向けにIoTプラットフォームを提供している企業のひとつ。現場負担の軽減につながる小規模なIoT導入パッケージ「IoTトライアルパック」も提供しています。同社のプラットフォーム戦略とサービスの内容・特長についてIoT推進室長・岡敦子氏に聞きました。

 

IoT導入のためのワンストップサービス

――NTTコミュニケーションズのIoT Platformについて内容を教えてください。

 当社はこれまで幅広い層のお客さまからIoT導入に関するお問い合わせをいただき、お客さまのニーズに合わせてネットワークやクラウドサービスなどを個別に組み合わせてご提供してきました。

 たとえば国内と海外の拠点を当社の高速通信ネットワークで結びグローバル展開を推進したり、用途やコスト、必要なサポート体制に合わせてプライベートクラウドを活用したりするといったケースです。ネットワークとクラウドの両方の活用、運用の効率化、保守まで含めて当社で行うこともあります。

 一方で、そのような問い合わせを見ていくと、たとえば「プライベートネットワークを使いたい」、「プライベートクラウドを使いたい」、「IoTに必要なゲートウェイ機器をそろえたい」といったある程度共通のニーズがあることがわかってきました。また、実際の利用シーンとして「データを見える化したい」というニーズも大きいことがわかりました。

 そこで、IoTシステム構築に必要なネットワーク、クラウド、デバイスといった複数レイヤーのサービスをワンストップで提供し、見える化できるレディメイドのプラットフォームを準備しました。

――どのようなサービスを提供するのでしょうか?… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

関連キーワード

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter