事業部長のためのIoT実現ガイド(第3回)

成功を左右する!IoT推進のための4ステップ

2016.05.24 Tue連載バックナンバー

 IoTは、活用方法次第であらゆる経営課題を解決する手段となります。生産性向上やコスト削減に活用したい企業もあれば、付加価値ある製品開発に役立てたいと考える企業もあることでしょう。これまでの連載では、どのように経営課題の特定を行うかを考えてきました。

 今回からは、IoT活用による経営課題解決のための具体的なステップを見ていきましょう。

本記事の最後より、IoTプロジェクトを推進するために、どのようなチームを作るべきか、どのようなセキュリティ対策をすべきなのか、その要点を解説したPDF資料「IoT推進チームづくりのポイントとセキュリティ対策」がダウンロードできます。

 

成功を左右する目標設定

 IoT導入を成功させるには、IoTは手段であり、目的ではないことをプロジェクト関係者の共通認識としておくことが大切です。つまり「IoT化したい!」ではなく「こういう経営課題を解決するためにIoTが使えるのではないか」と考えることが重要です。

 実態としては、経営層から「IoTを活用して何かできないか」と指示を受けたり、「同業他社が導入しているから」「海外で成功例があるから」といった動機から導入検討をスタートするケースがあるかもしれません。

 しかし、導入目的が明確になっていないと、無駄なコストばかりかかる可能性があります。IoTシステムに必要なデバイスやプラットフォームはさまざまな選択肢・組み合わせが考えられるため、過剰投資となることも十分にあり得るからです。

 生産性向上、コスト削減、品質向上、増収増益、新規ビジネスの創出など、さまざまな課題があるなかで、まずは何を優先して解決したいかを考えることが大切なのです。

 

IoTプロジェクト推進のための4ステップ

 解決したい課題を設定したら、次にIoT導入のプロジェクトの進め方を考えます。IoT推進のための各ステップを見ていきましょう。

 

ステップ1. 仮説設定

 まずは、特定した課題の原因がどこにあるか、IoTによってその課題がどのように解決できるのか、という仮説を設定します。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

関連キーワード

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter