「攻めのIT」へ!情報システム部門の役割が変わる(第3回)

“いつものベンダー”で、攻めのIT基盤は作れるか?

2016.03.30 Wed連載バックナンバー

 あらゆるものがデジタル化することにより既存の事業に多大な影響を及ぼし、さらに新たなビジネスが生まれることで企業を取り巻く環境を大きく変化させる「デジタル・トランスフォーメーション」が現実的になりつつあります。これに対応するために情報システム部門はいま何をすべきか。NTTコミュニケーションズのクラウド・エバンジェリストである林雅之氏に伺いました。

『デジタル・トランスフォーメーションを実現する「Enterprise Cloud」の大幅機能強化』に関する資料が、本記事の最後よりダウンロードできます。

 

パブリックの3倍に達するプライベートクラウドの市場規模

――ITを積極的にビジネスで活用し、新たなプロフィットを生み出そうとする動きが加速しています。その中で大きな役割を果たすことになる、クラウドの現状をどのように見ていますか。

林 まずパブリッククラウドについて言えば、Amazon Web Servicesとマイクロソフトがシェアを伸ばしてきましたが、「2016 State of the Cloud Report」の調査によると、全体で見ると利用率は横ばいとなっています。一方、大きく伸びていくと予想されるのがプライベートクラウド、そしてプライベートクラウドとパブリッククラウドと組み合わせたハイブリッドクラウドです。各社の調査結果を見ていると、プライベートクラウドの市場規模はパブリッククラウドの3倍近くもあるというのが散見されます。おそらく、パブリッククラウドを使いつつ、企業の基幹システムのクラウド化が進む中、それにプライベートクラウドを組み合わせて使い始めているといった状況ではないでしょうか。

 このプライベートクラウドで使われている、クラウド基盤ソフトウェアのシェアを見ると、VMware vSphere/vCenterが伸びているほか、オープンソースで開発が進められているOpenStackの利用者も増えています。物理サーバーをそのままクラウド環境で利用する、ベアメタルの割合が大きいことも注目したいところです。OSやパフォーマンス、あるいはライセンスの問題から仮想サーバー上では運用できないというシステムは決して少なくありません。そのようなシステムがクラウドのメリットを享受するための手段として、ベアメタルは今後も伸びていくでしょう。

 

トラディショナルICTとクラウドネイティブICT

――いわゆる“攻めのIT”を実現することを考えたとき、情報システム部門の役割はどう変わっていくのでしょうか。

林 これまでのIT部門は、どちらかと言えばIT関連のプロセスの効率化やコスト削減が中心で、巨大化していくIT資産をどうコントロールするかに軸足が置かれていました。これからのIT部門は、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter