「攻めのIT」へ!情報システム部門の役割が変わる(第1回)

“安定稼働”を言い訳にしない“攻めのIT”事例に学ぶ

2016.03.16 Wed連載バックナンバー

 さまざまなビジネスにおいてテクノロジーが重要な位置を占めるようになった今、情報システム部門に求められる役割は大きく変わりつつあります。従来、情報システム部門には、安定稼働を大前提に、コスト削減やセキュリティ、ガバナンスといった“守り”の側面が強く求められていました。しかし、新しい技術を事業へ活用する風潮が高まり、またクラウドに関してはここ数年で企業もベンダーもノウハウが蓄積され「クラウドファースト」という考え方が定着しています。このような状況の中で、情報システム部門にはこれまでの“安定稼働第一”をモットーとしたIT活用方針から、いわゆる“攻めのIT”へ転換するという、難しい舵取りが求められています。具体的にどのように考え、行動していけばいいのか先進企業の導入事例で各社の情報システム部門トップが語った言葉を引用しつつ、“守り”から“攻め”に転じるためのポイントを解説します。

 

データをビジネスに活用するために生まれた多くの技術

 クラウドが登場したことで膨大な情報を蓄積できるようになり、また有り余る処理能力を使えば大規模データの分析も可能になりました。この分析において大きな役割を果たしているのがビッグデータ技術です。たとえば複数のサーバーに処理を分散する技術が広まったことで、大規模データを効率的に分析する基盤を構築する敷居は大きく下がりました。

 もちろん分析できる基盤を構築しても、その種となる情報がなくては意味がありません。そこで注目されているのが… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter