5年先、10年先を見すえたERP環境を考える

いま一度考えたい! ERP環境の最適化

2016.03.09 Wed連載バックナンバー

ERP基盤構築の実績を多く持つITコンサルタントに取材を行いました。本記事の最後にて「ERPパッケージ システム構成検討のポイント(PDF)」をダウンロードできます。

 90年代後半に広まり、今では多くの企業において欠かせないシステムとして使われているのがERPパッケージです。企業が持つリソースを統合的に管理し、事業運営の全体最適を実現するERPパッケージは多くのメリットをもたらしますが、その運用においてさまざまな課題が語られることが多いのも事実です。ここでは、そうした課題の中でも特に話題となることが多い、グローバルでのERP統合、そして将来を見据えたときに気になる「SAP S/4HANA」への移行について、それぞれ掘り下げて考えていきます。

 

自社の業務に合わせるために必要だった“アドオン”

 基幹システムについて考える際、避けては通れないのがERP(Enterprise Resource Planning)パッケージです。SAPの「SAP Business Suite」やオラクルの「Oracle E-Business Suite」、マイクロソフトの「Microsoft Dynamics AX」をはじめ、業種・業態・業務および規模によりさまざまなパッケージがあります。

 90年代後半、多くの日本企業が相次いでERPの導入に踏み切りました。その背景には、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter