人工知能(AI)はビジネスにどう活用されるのか(第5回)

キレイを人工知能でサポートする、資生堂の挑戦とは

2016.04.06 Wed連載バックナンバー

 創業から144年を迎え、“世界で勝てる日本初のグローバルビューティーカンパニー”を目指して経営改革を進めている株式会社資生堂。同社は対面販売を気づまりに感じる若い世代のお客さまに向けて、スマートフォンを使って会話形式でメークを相談できるアプリを開発。特別にチューニングされた人工知能で雑談もこなす画期的なそのアプリには、デジタルネイティブ世代から「おもしろい」「役に立つ」という声が続々寄せられています。

 

おしゃべりしながら“キレイ”になれる「おしえて!ビュー子」

 “メーク”といえば、女性なら誰しもが気になるテーマなのではないでしょうか。それだけに悩みや疑問も多いもの。今、それをLINEのようなチャットスタイルで相談できるスマートフォン・アプリがあります。それが株式会社資生堂の「おしえて!ビュー子」です。現在、iPhone端末、Android端末向けに、β版がリリースされています。

 「おしえて!ビュー子」の中でも注目したいのが「トーク機能」です。トーク機能は、お客さまがチャットを行うトーク画面でキーワードを入力すると、美容アドバイスキャラクター「ビュー子」が即座に答えてくれというもの。美容関連情報ばかりではなく雑談力にも長けていて、ユーザーが「今日は雨だね」などと話しかけると、「ビュー子」は当意即妙な答えを返してくれます。このトーク機能のバックエンドで働いているのは、人工知能を使った自然言語処理エンジンです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter