人工知能(AI)はビジネスにどう活用されるのか(第4回)

AIによる映像解析はいまどこまで進化しているのか

2016.01.27 Wed連載バックナンバー

 さまざまな分野でAIの実用化に向けた動きが活発化していますが、その一つとして挙げられるのが監視カメラ映像の解析です。ここでは、AIによる映像解析がどのように活用されるのか、さらにその具体的なソリューションの形について紹介していきます。

 

人の負担が大きい監視カメラの“監視”

 昨今、社会の安全を守ることを主な目的に、監視カメラは街中のさまざまな場所に設置されるようになっています。記録された映像が犯人逮捕などにつながるケースもあり、それが犯罪の抑止にもつながることから、今後もさまざまな場所で監視カメラが使われるのは間違いないでしょう。

 ただし、監視カメラを実際に役立てるためには、映像に何が映っているのか、人間の目で確認することが求められます。特にリアルタイム性が求められる用途では、カメラ映像を表示するモニターの前に人が張り付いて見続けることになりますが、わずかの変化も見逃さないようにモニターを長時間注視し続けことは困難でしょう。実際ある調査によると、目視による監視カメラ映像のチェックにおいては、異常を見落とす率が8割に達するとしています。

 せっかく有用な監視カメラを設置しても、映像に映し出された異常を把握することができなければ役に立ちません。たとえ目的が防犯目的ではなくても、映像に映った内容を人間の目で確認するのは骨が折れます。そこで広まり始めているのが、映像解析を自動的に行い、異常を検知すると通知を行うといったソリューションです。

 たとえば外部の人間が立ち入るべきではないエリアがあるとき、その入り口に監視カメラを設置し、映像解析で人の侵入を自動的に検知して通知することで、人間の目に頼らない監視を実現できるでしょう。

 一方、マーケティング用途でも映像解析は使われています。店舗内の監視カメラで来店者を記録、店内をどのように移動したのか、どの商品を手にしたのかを自動的に解析するというわけです。似たような使い方としては、カウンターに設置したカメラで来場者数などをカウントし、オペレーションの改善に役立てるといった使い方も挙げられるでしょう。

 

AIとカメラを組み合わせた映像解析の自動化

 このような映像解析技術に加え、Deep Learning技術によるAI(Artificial Intelligence)を活用することで、より高度な分析を自動化しようという試みも始まっています。たとえば… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter