いよいよ本格化!IoTはビジネスをどう変えるのか(第9回)

IoTで熱中症防止!JALの実証実験に挑んだ現場の声

2015.12.11 Fri連載バックナンバー

 日本の夏は気温に加えて湿度も高く、熱中症になりやすい気候であるため、多くの企業において社員の健康管理は重要な課題となっています。その対策のため、IoTに注目したのが日本航空株式会社です。ここでは前編に引き続き、実証実験に挑んだ現場の状況について紹介していきます。

 

衣服型ウェアラブルデバイスを実現する「hitoe」

 さまざまなモノをネットワークにつなぐ「IoT」は、新たな価値をビジネスにもたらすテクノロジーとして注目を集めています。前編で紹介したように、日本航空株式会社(以後、JAL)はこのIoTを活用した社員の安全確保に向け、沖縄県那覇空港で実証実験を実施しました。その実証実験に使われたのが、日本電信電話株式会社と東レ株式会社が共同開発した「hitoe」です。

 hitoeは心拍数や心拍間隔などを安定的に長時間取得できる機能性素材であり、これを使用したインナーウェアを着用することで、その人のバイタルデータをシステムに取り込み、さまざまな分析を行うことが可能になります。同様に、身に付けて使うウェアラブルデバイスとしては腕時計型や眼鏡型のものもありますが、hitoeを使った衣服型ウェアラブルデバイスであれば身に付けていることを意識せず、より自然な形でバイタルデータを取得できるのが特長です。

 hitoeで取得したバイタルデータを分析することにより、着用している人の状態をさまざまな角度から確認することが可能になります。具体的には、hitoeで取得した心電データと加速度データを分析することで、熱ストレスや疲労度、姿勢、リラックス度などを可視化することができます。JALの実証実験では、航空機の誘導や貨物の積み降ろしなどを行う、グランドハンドリング業務に従事する社員の熱中症予防を目的として、hitoeを使った各種バイタルデータの取得と分析が行われました。

 

グランドハンドリング業務における暑さとの戦い… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter