いよいよ本格化!IoTはビジネスをどう変えるのか(第2回)

セキュアなIoTを実現する「Industry 4.1J」

2015.07.15 Wed連載バックナンバー

 あらゆるモノをインターネットにつなぐ「IoT(Internet of Things)」では、パソコンやサーバーと同様、さまざまなモノがサイバー攻撃の脅威にさらされます。今回は特に製造業におけるIoTの活用とそのセキュリティリスクについて、「Industry 4.1J」を推進するVEC(Virtual Engineering Community)事務局長兼ソリューションアドバイザー/株式会社ICS研究所 所長の村上正志氏にお話を伺います。

 

工場や重要インフラはサイバー攻撃の主要な標的

 「IoT(Internet of Things)」の活用によって工場の生産性を飛躍的に高め、製造業の競争力を強化するものとして、ドイツ発で世界中に浸透しつつあるのが「Industry 4.0」の考え方です。工場内のさまざまな機器やセンサー、さらにはオフィス内のシステムなど、さまざまなものを連携することにより、同じ商品を大量に生産するマスプロダクションから、顧客ごとに個別にカスタマイズされた商品を生産する、マスカスタマイゼーション(個別大量生産)へのパラダイムシフトを狙うIndustry 4.0は、第4の産業革命を引き起こすと言われています。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter