日本企業がアジアへ進出する際の新拠点に!

いま多くのIT企業が沖縄に目を向ける理由

2015.01.30 Fri連載バックナンバー

 2014年の一年間で705万6,200人と過去最高の観光客を集めるなど、日本有数の観光地として知られている沖縄県。近年では数々の施策が奏功し、IT企業が新たなビジネス拠点として注目し始めています。そこで今回は沖縄県商工労働部情報産業振興課の課長である仲栄真均氏、同課基盤整備班班長の盛田光尚氏、同班の主任技師の大嶺寛氏に、沖縄県におけるIT関連の施策についてお話を伺いました。

 

多くのIT企業が沖縄に拠点を開設

 スマートフォンやタブレット端末で気軽に楽しめるソーシャルゲームが市場を大きく伸ばし、また日本独自の動画配信サービスが広まるなど、日本国内においてもインターネットを軸としたIT産業が成長を続けています。とはいえ、日本の人口は約1億2千万人であり、市場規模としては決して大きいわけではありません。これからの成長を考えたとき、そうしたIT企業が世界に目を向けるのは当然の流れであると言えるでしょう。

 そのグローバル進出を狙う際に、国内の拠点として、いま多くのIT企業が熱い視線を投げかけているのが沖縄です。そもそも沖縄は、13億人の人口を抱える中国、そして域内人口が6億人を超えるバンコクやフィリピン、マレーシアなどのASEAN地域に近いという地理的なメリットがあり、国内においてはこれらの国々へ向けたサービスを展開する拠点として最適な土地となっているのです。

 実際にIT関連企業の沖縄への立地は2001年以降急速な勢いで増加しています。2001年までは41社に過ぎませんでしたが、2013年にはその7倍以上の301社が沖縄に拠点を展開しています。多くの企業が沖縄での拠点開設にメリットを感じていることが分かるのではないでしょうか。

 もちろん、地理的に中国やASEANに近いというアジアの玄関口としての強み以外にも、多くのIT関連企業が沖縄でビジネスを展開している理由があるのです。まずは人口増加率が高く、年少人口は全国一であるなど、労働力が豊富であることが挙げられます。また災害対策を考えたとき、大都市圏から離れていることに加え、海底プレートが本州とは異なる沖縄は同時被災のリスクが極めて小さく、バックアップ拠点としても最適です。近代的地震観測が開始されて以来、震度5強以上の地震を観測したことがない事実も安心材料でしょう。

 さらに平均気温が約23度と高いにもかかわらず、35度を超える猛暑日がほとんどないという、比較的過ごしやすい気候であること。そして、世界中の観光客が感嘆する美しい海に囲まれていることも多くの人々を魅了している沖縄県の魅力の一つです。とりわけ近年では、従業員のワークライフバランスの改善が多くの企業において重要な命題となっていますが、沖縄であればオン、オフ共に充実した毎日を過ごすことができます。

 

沖縄県におけるIT施策の中心地“IT津梁パーク”

 ソフト、ハードの両面で、積極的な行政の支援が受けられることも、ビジネス拠点としてとらえた場合の沖縄の魅力と言えるでしょう。もともと沖縄は、1999年頃から行政支援のもとコールセンターの立地に力を入れてきました。ホスピタリティ溢れる県民性により、コールセンターの集積地として日本一となった今、次なるステージとしてより高度な事業を展開することを視野に入れ、施策を充実させているという背景があります。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter