日本企業から熱視線の的!タイの最新事情に迫る!(第3回)

日本軽金属に聞く!タイ進出のための重要ポイント

2015.01.21 Wed連載バックナンバー

 多くの企業にとって「海外事業の拡大」は今後の成長戦略に欠かせないファクターです。とりわけタイをはじめとする東南アジアの新興国への注目度は高く、すでに多くの日系企業が進出を果たしています。創業以来、アルミニウムの原料から加工製品に至るまで、幅広い製品を扱うアルミ総合メーカーである日本軽金属株式会社においても、数年前から「中国、東南アジアを中心とする海外ビジネス展開加速」をテーマに掲げ、積極的な海外事業の展開に注力しています。今回はグローバルなIT基盤の構築・活用により、タイでの事業拡大に挑戦する日本軽金属の事例を紹介していきます。

 

タイへの本格進出に伴うIT基盤整備が急務だった

 軽量で加工性や耐食性、熱伝導率、リサイクル性などに優れたアルミニウムは、自動車や電子機器をはじめ、建築、鉄道、環境・エネルギーなどのあらゆる産業分野で活躍する金属素材です。日本におけるアルミニウムのリーディングカンパニーである日本軽金属株式会社では、長年培ってきた豊富な知見と素材を生かす技術力を強みとして、国内外の幅広い産業分野にアルミ加工品を供給しています。同社が現在注力している海外市場は… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter