戦略的Webサイトを目指す企業が知っておくべきこと(第1回)

実録!競合の一歩先行くデジタルマーケティング

2016.08.31 Wed連載バックナンバー

 CMSに顧客管理とマーケティングオートメーションの機能を掛け合わせ、デジタルマーケティング時代に相応しいWebサイトを構築するためのツールとして、CXMが注目を集めています。

 たとえば、ある大手人材派遣企業では、CXM導入によって人材派遣登録者数が導入前から比べて3倍に伸びたという効果を確認できたそうです。また、一般にB2Cビジネスのイメージが強いデジタルマーケティングですが、B2Bビジネスにおいても、グローバルにWebサイトを一元管理して多言語化対応を自動化したり、アクセス元企業を特定し表示するコンテンツを業種別、顧客別にコントロールする仕組みを取り入れたりして海外における売上を大きく伸ばした事例などが出ています。

 そこで今回は、今求められているWebマーケティングのあり方やCXMの具体的な仕組み、そしてCXMソリューションを選定する際に押さえておくべきチェックポイントについて、具体例を挙げながら、株式会社ジゾン 製品戦略本部 本部長の神野純孝氏のお話を交えつつ解説していきます。

 

企業のマーケティングを取り巻く状況の変化

 購買履歴やWebサイト上での行動、あるいは接触した広告に対する反応など、さまざまなデータを活用してマーケティングを実施する「データドリブンマーケティング」、あるいは収集した見込み客の情報を一元的に管理・選別し、確度の高いと考えられる顧客の情報を営業に引き渡す「マーケティングオートメーション」など、「デジタルマーケティング」を実現するためのさまざまな手法が確立されつつあります。

 このようなデジタルマーケティングへの関心が高まった背景として、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter