徹底解説!基幹系システムのクラウド移行(第3回)

いまなぜ、ERPのクラウド化が増えているのか?

2014.10.15 Wed連載バックナンバー

 「独自開発するよりも導入の負担が小さい」「統合マスタや統合データベースによる情報の一元化が可能」などのメリットから、多くの企業で活用されているのが「ERP」です。今回は、このERPをクラウドに移行するメリットや、サービス選定時にチェックすべきポイントなどについて解説していきます。

 

クラウド活用で柔軟なERP運用を実現する

 ハードウェアのリプレース、あるいはバージョンアップなどのタイミングで、ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージ(以後、ERP)を従来のオンプレミスからクラウドへと移行する企業が増えています。言うまでもなく、ERPは企業のIT環境における中核であることから、それが止まれば事業に大きな影響が生じるのは避けられません。実績のあるオンプレミスからクラウドに移行する背景には、クラウドが「信頼できるインフラである」という認識が広まったことに加え、「オンプレミスにはないさまざまなメリットがある」ためです。

 では、クラウドに移行するメリットとは何でしょうか。具体的には、「市場の変化へのスピーディな対応」や「品質向上」、「TCO削減」、「ガバナンス強化」、「サイジングの簡略化」、「海外展開が容易」といったことが挙げられます。

 まず、「市場の変化へのスピーディな対応」から見ていきましょう。経営環境が刻一刻と変化している現在、ERP環境も事業規模の拡大や縮小、あるいは拠点の増減に迅速に追従できることが求められます。しかし調達から実稼働にまで時間がかかり、さらに資産として保有する必要がある物理サーバーで、経営環境の変化に迅速かつコストの無駄なく対応することは難しいでしょう。このような要件に対応できるのがクラウドであり、仮想サーバーを必要に応じてオンデマンドに利用できるIaaS(Infrastructure as a Service)であれば、システムの拡張や縮退を迅速に、そしてコストの無駄を生じさせずに実現することができます。

 本番用のサーバーに加え、開発機や検証機がすばやく用意できる点も見逃せません。そもそもERPの構築や運用においては、まず開発機で設定やアドオン(機能を追加するプログラム)の開発を行い、その内容を検証機でテストし、問題がなければ本番機に反映するという流れでプロジェクトを進めていきます。このようなサーバー構成を「3システム・ランドスケープ環境」と呼びますが、開発機や検証機まで含めてすべて物理サーバーで用意するのは大きな負担になります。しかしIaaSであれば、手間やコスト負担を抑えて必要なサーバーを用意することが可能です。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter