2017.02.09 Thu

AIでネット広告のターゲティング分析を自動化

住信SBIネット銀行株式会社 執行役員 兼 コンシューマー事業部長 弘川 剛 氏

 ネット専業銀行で国内トップの預金残高(※)を誇る住信SBIネット銀行は、AIを活用したネット広告のターゲティング分析に取り組む。その狙いを執行役員の弘川氏に伺った。
(※)2016年12月末時点

 

AIを活用してインターネット広告の効果を最大化

―― AIによるネット広告のターゲティング分析の取り組みについて教えてください

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社さまと、Automagi株式会社さまと共同で、AIソリューション「AMY(エイミー)」を活用したデジタルマーケティングの試験運用に取り組んでいます。このプロジェクトは、これまで広告の運用担当者に依存していたターゲティング分析を、大量かつ複雑なデータ分析に強みがあるAIに代替することで、お客さまの嗜好に合った広告を配信し、インターネット広告の効果を最大化することを目指すものです。

 これまでも住宅ローンやカードローンのターゲティング広告を打っていましたが、あくまでも外部のデータベースをもとにしたもので、我々のデータベースとまったくリンクしていませんでした。たとえば、「Yahoo!」や「Google」で住宅ローンを検索したとか、住宅ローン関連サイトの訪問履歴があるというセカンドパーティー、サードパーティーのデータベースを使ってターゲティングしていたわけです。こうした外部データベースのみに基づくターゲティング広告は、無駄打ちの可能性があることと、競合する銀行も同じ魚を狙うので効率が上がらないという課題がありました。

 この無駄打ちを少なくし、差別化を図るために、外部データベースと内部データベースをリンクさせ、ターゲティング広告に活用することを考えました。

―― 外部サイトのターゲティングは、サイト運営者が行っていたのですか

 プラットフォーム自体は、サイトの運営者が用意しますが、運用自体は我々のマーケティング担当者が行っていました。ただ、担当者は日常業務に追われ、そこのチューニングや改善に手が回らず、同じロジックで回し続けてしまうことがあったので、そこをAIで自動化しようというのが、このプロジェクトのテーマです。

―― 具体的にはどのような作業が自動化されるのですか

 どこに出稿するかもそうですが、タイミングや出稿期間、フリクエンシーの調整など、細かな運用部分にAIをあてるイメージです。ただ、デジタルマーケティングは広告媒体側でも提供しているので、我々が考えたアプローチより「Google」の最適化の仕組みの方がうまくいくこともありますから、そこは結果を見ながら良いとこどりをしたいと思っています。

 

AIをどう育てるのか、AIを育てる価値はあるのか

―― AIのエンジンとして「AMY」を選んだ理由を教えてください

 この領域で使えるAI候補はさほど多くありません。「AMY」を開発したAutomagiさまは、AIに関する豊富な実績を持っていることが、選定の第一の理由です。また、常に顧客を選びながらマーケティング効果が落ちないよう学習する機能を持っているところも評価のポイントでした。

―― 今は準備段階とのことですが、どのような成果を期待していますか

 それなりに高い期待をしていますが、最初から望み通りの結果が得られるとは思っていません。業界に特化したエンジンではないので、相応のカスタマイズやチューニングを重ねないとワークしないと思っています。AIは人間にたとえると、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

弘川 剛(ひろかわ つよし)
山形県出身。1997年、ソフトバンク入社。2006年、SBIホールディングス入社。住信SBIネット銀行の設立に携わる。2007年、住信SBIネット銀行 ウェブ・マーケティング部長(※1)に就任。その後、営業企画部長(※2)を経て、2014年、住信SBIネット銀行執行役員へ就任。現在に至る。(2016年1月から同執行役員兼務でSBIカード(株)社長へ就任。)
※1、2どちらも現:マーケティング部、UXデザイン部
◎情報収集方法
新聞、雑誌、SNS(Twitter、Facebook)。
◎スキルアップのために心がけていること
対人コミュニケーションとプレゼンテーション力を高めるために場数を踏む

住信SBIネット銀行株式会社について
■ 事業内容インターネット専業の銀行
■ 設立年月2007年9月(開業)
■ 本社所在地東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階
■ 資本金310億円
■ 従業員数425名(2016年9月30日現在)
■ 業種銀行
■ ホームページ

https://www.netbk.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter