2017.03.15 Wed

胃腸を元気に!ビール酵母からできた「エビオス錠」

エビオス錠

 ビールの発酵工程に使われ、その香りや味を決める重要なファクターとなる“ビール酵母”。そんなビール酵母から作られるのが、アサヒグループ食品の「エビオス錠」です。1930(昭和5)年5月に発売された同商品は、今も当初と変わらぬ栄養成分と錠剤のカタチを守り続けています。

 「エビオス錠」の歴史をひもとき、ロングセラーを続ける秘密に迫ります。

 

ビールからできた栄養豊富な酵母

 はるか昔、人類最初の文明といわれるシュメール文明の時代から、すでにビールは愛飲されていました。当時は砕いたパンに水を混ぜて発酵させ、ビールをつくっていたと考えられています。月日は流れ、発酵技術などが改良されていくのに従い、ビールはより味わい深く、香り高いものへと進化を遂げていきます。

 数千年前からビールに親しんできた人類は、その製造の要となる“酵母”の力に早くから注目してきました。紀元前の書物にビール酵母を使った強壮剤や下剤についての記録が残っています。20世紀に入ると、ビール酵母の薬効に関する知見が医学専門誌に次々と発表されるようになり、その活用にさらなる期待が高まりました。

 この酵母の力に早くから着目し、商品化されたのがアサヒグループ食品の「エビオス錠」です。同商品は、ビールづくりに使われた酵母に含まれている栄養素の働きで、胃腸のはたらきを活発にするとともに、栄養補給もできるという特徴があります。

 まずは、その原料となるビール酵母についてご説明しましょう。

 ビール酵母はその名のとおり、ビールづくりに適した酵母菌の一種です。その1つひとつは、約10ミクロン(100分の1㎜)と非常に微小ですが、細胞壁や細胞の中には食物繊維や必須アミノ酸、ビタミンなど、たくさんの栄養成分が含まれています。また、ビール酵母は消化機能を助けるとともに、乳酸菌など腸内の善玉菌を増やすという働きもします。

 アサヒビールの各ビール工場では、ビールを作る際に大麦に水と空気を与えて発芽させ、それを乾燥して麦芽にします。そして、麦芽をでんぷんなどの副原料とともにゆっくり煮て、麦汁を作ります。この麦汁に加えられるのが、ビール酵母です。ビール酵母は麦汁を発酵させ、糖分をアルコールと炭酸ガスに変えていきます。こうして発酵により作られた“うわずみ液”が、ビールとなります。

 一方、ビール酵母は発酵槽の中に沈殿します。その中には、麦汁の栄養成分がたっぷり吸収されています。このビール酵母から不純物を取り除き、乾燥させ、錠剤のかたちに整えることで「エビオス錠」ができあがります。

 麦汁などから栄養成分を吸収した「エビオス錠」には、ビタミンB群、たんぱく質、ミネラル、食物繊維、核酸など、40種類の天然成分が含まれており、栄養補給を助けてくれます。また、ビール酵母の作用で胃腸のはたらきを活発にし、消化不良・食欲不振などの症状を改善します。

ビールには入っていない「ビール酵母」

 ビールづくりには濾過する工程があり、ほとんどのビール酵母がこしとられます。そのため、ビールにはビール酵母はほとんど含まれていません。一方、ビール酵母を使用した「エビオス錠」には、ビール酵母を洗浄・乾燥しているため、アルコールは入っていません

 

“脚気”を解消したい!いざ開発へ

 「エビオス錠」が誕生したのは昭和のはじめ。開発のきっかけには、当時の厳しい栄養事情にあったといいます。

 「アサヒビール」が発売されたのは1892(明治25)年のことですが、大日本麦酒(現アサヒビール)ではそれに先駆けて、ビール製造に欠かせないビール酵母の研究を行っていました。しかし、当時はまだ、ビール酵母は、ビール製造以外の用途が見つかっておらず、ビールの製造後には大量に廃棄されていました。

 転機が訪れたのは1921(大正10)年のことです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

アサヒグループ食品株式会社について
■ 事業内容菓子、健康食品、サプリメント、酵母エキス、育児用品、フリーズドライ商品等の製造・販売
■ 設立年月2015(平成27)年7月10日
■ 本社所在地〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-4-1
■ 従業員数約800名
■ ホームページ

http://www.asahi-gf.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter