ソーシャル

AmazonのAIは「火星」に関する質問にも答えられる

海外IT動向ウォッチング 2016年10月~2017年3月(第11回)

AmazonのAIは「火星」に関する質問にも答えられる

Amazonの音声アシスタント「Alexa」は、さまざまなアドオンに対応しています。たとえばNASAが提供するアドオンを使えば、「火星」に関する質問にも答えてくれます。2016.12.19

「ドナルド・トランプ勝利」を的中させたAIとは

海外IT動向ウォッチング 2016年10月~2017年3月(第7回)

「ドナルド・トランプ勝利」を的中させたAIとは

米大統領選挙は、大方の予想を裏切ってドナルド・トランプ氏が勝利という結果になりました。ですが投票の少し前、トランプ氏勝利を予見していたAIがあるといいます。

2016.11.21
企業のモバイルアプリはビジネスに貢献しない

海外IT動向ウォッチング 2016年10月~2017年3月(第4回)

企業のモバイルアプリはビジネスに貢献しない

多くの企業が自社アプリを開発していますが、やがてこのトレンドは終了し、撤退する企業が続出するかもしれません。米国の調査から読み解きます。

2016.10.31
現代人は度重なる「パスワード変更」に疲れている

海外IT動向ウォッチング 2016年10月~2017年3月(第3回)

現代人は度重なる「パスワード変更」に疲れている

定期的なパスワード変更は、セキュリティ対策としては一般的です。しかしある調査では、「多くの現代人はパスワード変更が面倒で投げやりになっている」といいます。

2016.10.24
リオオリンピックの報道で「AI記者」が大活躍

海外IT動向ウォッチング 2016年10月~2017年3月(第2回)

リオオリンピックの報道で「AI記者」が大活躍

AIがリオ五輪の報道記事を“執筆”。中国ではAIが450本の記事を配信し、人間が書いた記事のページビューを大きく上回ったそうです。AI記者の実力と可能性を探ります。

2016.10.17
ドイツのIoTはホットドッグを美味しくする?

海外IT動向ウォッチング 2016年10月~2017年3月(第1回)

ドイツのIoTはホットドッグを美味しくする?

IoT(モノのインターネット)は自動運転車や工場管理などで脚光を浴びていますが、ドイツでは既に身近なところで活用されています。

2016.10.03
革新的IoT「アマゾンダッシュ」は人類を怠惰にする?

海外IT動向ウォッチング 2016年4月~9月(第22回)

革新的IoT「アマゾンダッシュ」は人類を怠惰にする?

ボタンを押すだけで日用品が宅配されるアマゾンコムの家庭向けIoTサービスが欧州でも始まりました。でもなぜかメディアは批判的なようです。

2016.09.12
ぜひポケモンGOに!画面内の物体に“触れる”技術

海外IT動向ウォッチング 2016年4月~9月(第18回)

ぜひポケモンGOに!画面内の物体に“触れる”技術

「ポケモンGO」のヒットで「拡張現実」が脚光を浴びていますが、リアル(現実)とバーチャル(仮想)を動画の中で共演させる技術が米国で披露されました。

2016.08.15
伝説のゲームメーカーがIoTビジネスに参入。なぜ?

海外IT動向ウォッチング 2016年4月~9月(第12回)

伝説のゲームメーカーがIoTビジネスに参入。なぜ?

古いゲームファンには忘れられない歴史的メーカー「アタリ」が帰ってきます。だだし、ゲームでなく「IoT」(モノのインターネット)機器のメーカーとしてです。

2016.06.27
人間はどのようにAIと付き合えば良いのか?

海外IT動向ウォッチング 2016年4月~9月(第11回)

人間はどのようにAIと付き合えば良いのか?

AI(人工知能)は急速に進化し、人間に代わって、いろいろな仕事に進出しようとしています。はたして、人間はどのようにAIと付き合えばいいのでしょうか。

2016.06.20
給与が高い企業は○○のレベルも高い

海外IT動向ウォッチング 2016年4月~9月(第6回)

給与が高い企業は○○のレベルも高い

米国で最も年俸が高い会社25社のランキングをキャリア情報サイトのグラスドアが発表しました。ほとんどがコンサル会社とハイテク会社で占められています。

2016.05.16
つぶやいただけでバレる、酔っ払いを判別するAI誕生

海外IT動向ウォッチング 2016年4月~9月(第3回)

つぶやいただけでバレる、酔っ払いを判別するAI誕生

Twitterのつぶやきからは、その人の状態をうかがうことができますが、米国の大学が、本人が飲酒しているかをツイートから判定するアルゴリズムを開発したと発表しました。

2016.04.18
キレイを人工知能でサポートする、資生堂の挑戦とは

人工知能(AI)はビジネスにどう活用されるのか(第5回)

キレイを人工知能でサポートする、資生堂の挑戦とは

資生堂はデジタルネイティブ世代のユーザーとの出会いを求めて、NTTコミュニケーションズをパートナーに人工知能搭載のスマートフォン・アプリを開発しました。

2016.04.06
「死にたい……」深刻な質問にSiriはどう答える?

海外IT動向ウォッチング 2016年4月~9月(第1回)

「死にたい……」深刻な質問にSiriはどう答える?

「Siri」や「Cortana」などのパーソナル音声シスタントは、我々に楽しい会話を提供してくれますが、逆に「死にたい」とか、深刻な相談をするとどうするのでしょう。

2016.04.04
スマホばかり見ている子供はどうすればいいか?

海外IT動向ウォッチング 2015年10月~2016年3月(第20回)

スマホばかり見ている子供はどうすればいいか?

スマートフォンを手放せなくなっているのは大人ばかりではありません。米国で子供とスマホの問題を扱ったドキュメンタリーが公開されて、評判になっています。

2016.03.14
優勝賞金5億円、「人工知能」限定のスピーチ大会

海外IT動向ウォッチング 2015年10月~2016年3月(第18回)

優勝賞金5億円、「人工知能」限定のスピーチ大会

世界の著名人が登壇する「TED」カンファレンスで賞金約5億円のスピーチコンテストが開かれます。ただし、出場資格はAI(人工知能)であることです。

2016.02.29
装着すると40歳年をとる“ハイテク老化スーツ”

海外IT動向ウォッチング 2015年10月~2016年3月(第14回)

装着すると40歳年をとる“ハイテク老化スーツ”

SFでお馴染みの「パワードスーツ」は、着ることで人間をパワーアップする機械ですが、逆に「弱く」するスーツが今年の「CES」で話題を呼びました。

2016.02.01
“ならず者ドローン”に手を焼く米空軍、規制強化へ

海外IT動向ウォッチング 2015年10月~2016年3月(第13回)

“ならず者ドローン”に手を焼く米空軍、規制強化へ

ボビー向けのドローンは米国で大ヒットしていますが、航空機に迷惑をかけた事例も頻発しています。特に軍の作戦に影響が出た例が問題になっているようです。

2016.01.25
2016年ITトレンドは「メッシュにアンビエント」

海外IT動向ウォッチング 2015年10月~2016年3月(第11回)

2016年ITトレンドは「メッシュにアンビエント」

昨年もIT業界では、クラウドやIoTなど新しい流れが活発になりました。2016年は、いったいどんな方向に向かうのか、専門家の予想をみてみましょう。

2016.01.04
AIで飛躍的に賢くなるチェスコンピューター

海外IT動向ウォッチング 2015年10月~2016年3月(第1回)

AIで飛躍的に賢くなるチェスコンピューター

コンピューターがチェスの世界チャンピオンに勝利して18年。力任せで手を決めていたマシンが、一挙に“賢く”なるという研究が発表されて、注目を集めています。

2015.10.05
このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter