2017.11.14 Tue

無口な営業マンが、農業をITで変える会社社長になるまで

株式会社ルートレック・ネットワークス 代表取締役社長 佐々木伸一 氏

 未曾有の少子高齢化社会を迎える日本において、その影響が特に顕著なのが農業だ。2010年に260万人だった農業就業人口は、2017年には181万人(既定値:農林水産省調べ)と、わずか7年の間に80万人近く減少しており、さらに平均年齢も増加傾向が続いている。

 こうした課題をクリアするため、IoTやM2Mの活用で農業を大幅に効率化することに注力しているのがルートレック・ネットワークスである。

 同社の主力製品の1つに、「ゼロアグリ(ZeRo.agri)」という、各地域の熟練農家の経験値をクラウドに集約したICT養液土耕・施設栽培支援システムがある。農地の日射量と土壌をセンサーで測定し、作物の状況にあった最適な培養液量を判断し、自動で供給するという仕組みだ。今や12県70拠点で稼働するこのサービスは、収穫量や品質の向上、コスト低下など、多くの成果を生み出している。

 ところがこのサービスは、創業以来の経営危機の最中で生み出されたものという。サービス誕生の背景には、どのようなドラマがあったのだろうか。同社の代表取締役社長である佐々木伸一に、ゼロアグリにたどり着くまでのストーリーを聞いた。

 

「5分で帰る」無口な営業マンがシリコンバレーへ向かった理由

 佐々木が生まれたのは愛知県の豊橋市だったが、父親が転勤族だったため、その後は名古屋、神戸、広島と、西日本の大都市を転々とした。子供の頃から山登りとスキーが好きで、高校ではこの2つを合わせた山岳スキー部で選手として活躍する。明治大学工学部電気工学科に進学後も、冬はスキー場のロッジでアルバイトし、毎日スキーに明け暮れた。

 1980年に大学を卒業した後は、照明工学のゼミに所属していたこともあり、電気設備製造会社に入社。ビル監視装置のハードウェアの設計やソフトウェアの開発に携わった。

 ソフトウェア開発には、主にプログラミング言語の1つである「アセンブリ言語」を使用した。佐々木は同言語を勉強するうちに、当時の主流であったインテル製の8ビット・プロセッサの構造についても理解を深めていき、やがて半導体の世界に惹かれていった。そして1982年、佐々木は外資系半導体メーカーに転職し、CPUのセールスエンジニアとなる。

 しかし、当初はなかなか営業の成果が上がらなかった。それまでの仕事では社外の人間とのコミュニケーションはほとんどなく、もともと口下手だったことも災いした。

 「最初の頃は最大で5分会話をするのがやっとでした(笑)。ある大手取引先の技術部長さんから『せっかくアポを取ったのに、なんで5分で帰ろうとするんだ?』と呆れられて、これではいけないなと深く反省しました」

 佐々木は会話が続けられるよう、必死で営業スキルを磨いていった。結果的に、この頃に営業の経験値を積んだことで、「つくる側」と「売る側」双方の基本を学ぶこととなった。

 1986年には外資系コンピュータ周辺機器メーカーに転職し、CPU周辺回路のセールスエンジニアを経験。ITに関するキャリアを着実に積み、シリコンバレーや国内のPCベンダーとのネットワークも形成されていった。

 当時は「IT時代」がまさに幕を開けようとしていた頃であり、シリコンバレーではその後に世界を席巻することになるようなITベンチャーが次々と出現していた。そんな経営者たちの姿を目の当たりにした佐々木は、自身もまた経営者としてITの仕事をしたいと決意し、1990年、シリコンバレーへと飛んだ。

 

シリコンバレーでは失敗しても再チャレンジするのが当たり前… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

佐々木伸一(ささき しんいち)
1957年、愛知県豊橋市に生まれる。1980年明治大学工学部を卒業後、半導体メーカーの日本モトローラ、ウェスタンデジタルジャパンを経て、1990年ベンチャー育成事業を行うアイシスに参画、後に同社代表取締役に就任。1996年カリフォルニアのクパチーノに拠点を設立し、シリコンバレーのICT関連スタートアップ企業に対して日本進出の事業化を担当し、数多くのIPOとM&Aに貢献。2001年(株)ルートレック・ネットワークス代表取締役就任、2005年MBOにてM2M市場にフォーカスした(株)ルートレック・ネットワークスを新規設立し、2010年より農業分野に特化。農業×IoTで土壌環境制御に特化したゼロアグリを開発し販売している。

株式会社ルートレック・ネットワークスについて
■ 事業内容ゼロアグリ事業(ICT次世代養液土耕栽培システム「ゼロアグリ」の開発・製造・販売)、RouteMagic事業(ネットワーク管理ツール「RouteMagic」の開発・製造・販売、リモート管理サーバソフトウェアのOEMライセンス)
■ 設立年月2005年8月
■ 本社所在地神奈川県川崎市麻生区万福寺1-1-1 新百合ヶ丘シティビルディング6F
■ 資本金3億5,300万円(2017年5月現在)
■ 従業員数19名
■ ホームページ

http://www.routrek.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter