2016.10.25 Tue

世界を変えるために人と違う道を選べ

独立行政法人 国立高等専門学校機構 谷口 功 氏

 半世紀を超える歴史を誇る国立高等専門学校(高専)が、変革の時を迎えている。2016年4月1日、国立高等専門学校機構(高専機構)の理事長に就任した谷口功は「高専改革」をスローガンに掲げ、新時代を象徴する教育機関への変革を進め、高度な技術者育成により世界の懸け橋となることを目指す。「KOSENを世界の共通語にし、日本を変える起爆剤にしたい」と谷口は改革の意欲を口にする。

 

自転車二人乗りして聞いた校長の言葉で、勉強に目覚める

 小学校低学年の頃、谷口は勉強もろくにせず、遅刻の常習犯だった。集団登校でみんなが迎えに来ても「眠いから」と誘いを断り、1人で歩いて学校へ通った。ある朝、学校への道を歩いていると、校長が通りかかり自転車の荷台に乗せてくれた。大きな背中につかまりながら「校長先生、何で空は青いの?何で雲は白いの?」と思いついたことを聞いてみると、校長は答えを教えるのではなく「勉強をすると、そういう謎がみんなわかるようになるよ」と話してくれたという。

「そうか、勉強ってそういうことなのかって、あのとき気付きました。たしか小学校3年生のときで成績はビリに近かったけど、それから自分でいろいろ調べたり、勉強するようになり、5年生には1番になっていました」

 父親がガス会社に勤めていたこともあり、化学に興味を持ちはじめ、自宅の庭に「実験室」と称する小屋をつくり、実験に興じるようになった。あるとき、アルコールランプを使っていて火事を起こし小屋が燃えてしまう。「これは大目玉をくらう」と覚悟していたが、母親は「ちゃんと注意しないとだめですよ」と注意するだけで怒らなかった。こうした両親の理解を受け、さらに化学の世界に魅了されていく。国立奈良女子大学附属高等学校・中学校(現国立奈良女子大学附属中等教育学校)へ進学した後も、化学クラブで部長も務めた。

 

概念を定義し、名前を付けることが重要

「同級生は、東大や京大、阪大へ進む人が多かったのですが、僕はみんなと同じはいやなので、地元ではあまり知られていなかった東工大(東京工業大学)を選びました」

 東工大で研究室を選ぶ際も、他の人が選ばないという理由で電気化学を選ぶ。

「優秀な人は石油化学へいったおかげで、電気化学ではそれなりに目立つ成績を上げられました。ひねくれているともいわれますが、人と違うのは、決して悪いことではありません」

 大学では、食塩電解に使う電極を効率化する研究に取り組む。1975年の博士課程修了後は、工学部附属工業高等学校専攻科で非常勤講師をした後、1977年に工学部助手として熊本大学へ移る。ここでも谷口は人と同じ道は選ばない。

「熊本大学も第五高等学校の伝統を継ぐ立派な大学ですが、やはり九大(九州大学)とは規模がちがいます。九大には無機化学を研究している先生がたくさんいたので、同じ土俵で競争したら勝てないと思い、有機化学を選び、その中でも誰も手掛けていない生物に関わる電気化学反応の研究をはじめました」

 この生物電気化学の領域で、優れた研究成果を次々に挙げていく。中でも、体内にある金属タンパク質の信号を取り出す特殊な電極の発見は画期的だった。これは自己組織化単分子層(SAM/self-assembled monolayer)と呼ばれ、現在でも世界中の研究者が利用する機能化表面を用いた化学研究に不可欠な基礎技術となっている。

「研究に必要だからつくっただけで、特許を取るとか考えていませんでした。ところが、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

谷口 功(タニグチ イサオ)
1975年、東京工業大学理工学研究科化学工学専攻博士課程修了、1977年熊本大学工学部助手、1979年同講師、1990年同教授、2002年工学部長を経て2009年学長に就任。2011年~2015年国立大学協会理事、2015年熊本大学顧問・名誉教授/(公財)くまもと産業支援財団・名誉顧問。2016年4月より現職。日本化学会・学術賞、フェロー/錯体化学会・学会賞/日本ポーラログラフ学会・志方国際メダル/電気化学会・論文賞、功績賞/日本分析化学会・学会賞など受賞多数。専門分野は電気化学(特に生物電気化学)

独立行政法人 国立高等専門学校機構について
■ 事業内容全国に51校ある国立高等専門学校(国立高専)の運営
○国立高専の特色
・15歳からの5年間一貫の技術者教育
・実験・実習を重視した専門教育
・PBL(課題解決型)、共同教育等の実践的教育
・多彩なキャリアパス(就職6割、大学編入学4割)
・求人数の多さと高い就職率(ほぼ100%)
・ロボコンを始めとするさまざまなコンテスト(ロボット、プログラミング、デザイン、英語プレゼンテーション)
■ 設立年月2004年4月1日
■ 本社所在地東京都八王子市東浅川町701-2
■ ホームページ

http://www.kosen-k.go.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter